©2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

3月3日(土)開のヨルゴス・ランティモス監督最新作『なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』のポスタービジュアルが解禁となった。

主人公は、コリンファレル。本作では‘あること’をきっかけに少年に追い詰められる心臓外科医スティーブンを演じる。彼の美しい妻には、オスカー女優ニコールキッドマン。少年を演じるのは、『ダンケルク』で注を集める期待の新バリー・コーガン。

今回解禁された<ポスタービジュアル>では主人公一家にある災いをもたらすバリー・コーガン演じる少年不気味い顔が逆さに描かれ、その中には主人公夫婦のコリンファレルとニコールキッドマンの強った表情が入り込んでいる。まるで、この夫婦の行く末がこの少年の手の内にあることを暗示しているかのような不穏なビジュアルだ。果たしてこの少年が用意した‘4つの悲劇’とは何なのだろうかーー?

©2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

本作は、今回でカンヌ国際映画祭3度の受賞となる奇才ヨルゴス・ランティモス監督・脚本である。ランティモス監督は『籠の中乙女』で第62カンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリ受賞、続くコリンファレル、レイチェルワイズ、レア・セドゥ、ベン・ウィショーなど人気俳優が集結した『ロブスター』では第68カンヌ国際映画祭員賞を受賞、そして第89アカデミー賞脚本賞にもノミネートされた。リメイクやリブートではなく、監督独自の世界観で作り上げた奇抜な脚本は今回も必見である。

ストーリー概要

心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な二人の子供に恵まれ郊外邸に暮らしていた。スティーブンには、もう一人、気にかけている少年がいた。その少年に招き入れたときから、家族のなかに奇妙なことが起こり始める。子供たちは突然歩けなくなり、這って移動しなければならなくなる。そしてスティーブンはついに容赦ない究極の選択を迫られる…。

なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』は、3月3日(土)開。

関連記事

『ロブスター』イベントレポート、トークショーにJAGUARが降臨!