1月8日、恒例となったAKB48グループ合同成人式が東京・神田明神で行なわれた。2009年より始まったこのイベントで今年は過去最大の41名が参加! 宮脇咲良、白間美瑠(しろま・みる)、岡田奈々、向井地美音(むかいち・みおん)など、今の48グループを代表するメンバーが集まる華やかな式となった。

AKB48を代表して向井地が「この成人メンバーがチームの先頭を引っ張っていけるように、そして選抜を独占しちゃう勢いで頑張ります!」と話せば、SKE48の熊崎晴香は「SKEは今年で10周年を迎えます。1月10日にもシングルが発売になります。今年、一番目立つグループはSKE48だと思います!」と対抗意識を見せ、またNMB48の白間も「大阪を代表して日本、世界へと代表できるグループになっていけたらと思っています」と、それぞれが大きな目標を掲げた。

恒例の「○○世代」についての質問では、宮脇咲良が「『黄金世代』と呼んでもらえるように頑張りたいと思います。AKBの全盛期をもう一度、私たちで作りたい」と力強く宣言。さらに向井地も「2018年はAKB48として、もう一度レコード大賞だったり、東京ドームに立ちたいという大きな夢があるので、夢を追い続ける1年でありたい」と熱く語った。

そんなスターメンバーが揃った今年の成人式で、意外な?存在感を見せたのがHKT48の植木南央(なお)だ。「黄金世代を作るため個々の知名度を上げなければ」という宮脇の話に、どう知名度を上げるか聞かれると、「私個人としては2年に1回くらいニュースになるんです。今までは空き巣だったり(2016年6月)、違法植物栽培疑惑(2014年6月)だったり…最近、おとなしいのでそろそろ何かやらかしたいと思います(笑)」とコメント、周囲をざわつかせた。

植木といえば、HKT48でバラエティ担当として活躍中。2018年、再び“お騒がせニュース”でやらかして、全国区へ羽ばたけるか? そこも合わせて注目したい!

成人メンバー(50音順)










AKB48/飯野雅、稲垣香織、大西桃香、岡田奈々、小田えりな、加藤玲奈、北澤早紀、小嶋真子、佐藤栞、清水麻璃亜、髙橋彩音、高橋朱里、廣瀬なつき、向井地美音、村山彩希、舞木香純、湯本亜美(17名)










SKE48/岡田美紅、熊崎晴香、佐藤佳穂、日高優月(4名)










NMB48/石塚朱莉、加藤夕夏、古賀成美、白間美瑠、内木志(5名)










HKT48/植木南央、熊沢世莉奈、神志那結衣、冨吉明日香(当日欠席)、宮脇咲良、本村碧唯、森保まどか(7名)










NGT48/太野彩香、中井りか、奈良未遥、西村菜那子、宮島亜弥、村雲颯香(6名)










STU48/瀧野由美子、森香穂(2名)

(取材・文・撮影/関根弘康)

AKB48グループ、新「黄金世代」成人式で“やらかし”を宣言! ざわつかせたのは…