近年の急騰ぶりを象徴する11人 160億円でバルサ移籍のコウチーニョも選出

 選手の移籍金高騰が著しい昨今のサッカー界だが、この冬にもリバプールのブラジル代表MFフィリペ・コウチーニョが1億2000万ユーロ(約160億円)プラス出来高というプレミアリーグ史上最高額を塗り替えてバルセロナへ移籍した。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」では、こうした高額移籍選手をポジション別にピックアップ。世界で最も高価なベストイレブンを発表した(金額はドイツ移籍専門サイト「transfermarkt」参照)。

 GKはユベントスのイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン。2001年にパルマから“ビアンコネロ”に移籍した際の移籍金は、5280万ユーロ(約70億円)。チームの最後尾を支えるGKでは、約16年半前の記録がいまだに破られずにいる。

 最終ラインは4人だ。センターバックはこの冬にサウサンプトンからリバプールへ7880万ユーロ(約105億円)で移籍したオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクと、2016年夏にエバートンからマンチェスター・シティへ5560万ユーロ(約74億円)で移籍したイングランド代表DFジョン・ストーンズのコンビ。左右のサイドバックもオイルマネーで潤うシティからの選出で、左が5750万ユーロ(約77億円)のフランス代表DFバンジャマン・メンディ(←モナコ)、右が5100万ユーロ(約68億円)のイングランド代表DFカイル・ウォーカー(←トットナム)だった。

125億円のC・ロナウドも“お買い得”に…

 中盤は3人で、中央には2016年夏に1億500万ユーロ(約140億円)で当時の移籍金史上最高額を更新した、マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(←ユベントス)が選ばれた。左MFには先日、160億円でバルセロナへ加入したばかりのコウチーニョ。右MFは1億500万ユーロ(約140億円)で昨夏にバルセロナに加入した、フランス代表MFウスマン・デンベレ(←ドルトムント)となった。

 左ウイングは現在の“フットボール史上最高額の男”、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマール(←バルセロナ)だ。移籍金は2億2200万ユーロで、現在のレートでは日本円換算で約296億円にも上る。センターフォワードに入ったレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(←マンチェスター・ユナイテッド)の9400万ユーロ(約125億円)も、どこか“お買い得”に感じてしまう。

 そして右ウイングはレアルのウェールズ代表FWギャレス・ベイル(←トットナム)。移籍金は1億100万ユーロ(約135億円)と言われている。名を連ねた全11人の合計金額は、じつに10億4270万ユーロ(約1392億円)という天文学的な数字となっている。

 かつて世界最高額の男だったジネディーヌ・ジダン(現レアル・マドリード監督)の価格は7750万ユーロ(約103億円)。このメンバーの中では“ベンチ扱い”となっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

フットボールゾーンウェブ