「内輪だけ」の盛り上がりは、ときに身を滅ぼすリスクをもたらす。昨年、13匹の猫を虐待する様子を撮影し、ネットに動画を公開していた元税理士が、動物愛護法違反で逮捕され、有罪判決を受けた。なぜ犯罪の動かぬ証拠を、ネットで公開していたのか。人間を暴走させる“承認欲求”の怖さとは――。

■13匹の「虐待動画」をネット上で公開して、お縄

昨年12月、ノラ猫をいたぶって殺害したりケガを負わせたりして、動物愛護法違反の疑いで起訴された元税理士(52)の初公判。東京地裁前に定員30名ほどの傍聴券を求めて300人以上が集結したのもすごいが、抽選に外れた人たちが去ろうとせず、公判が終わるのを待っていたのには驚かされた。

大半が女性で、猫をモチーフにしたバッグやアクセサリーを身につけている人も多い。近くで様子をうかがうと、団体で押しかけたのではなく、少人数のグループが主流のようだ。マスコミが注目するような事件では傍聴希望者も殺到するが、抽選に外れればクモの子を散らすようにいなくなるのが普通。それなのに、こんなに残っているのはなぜか。聞き耳を立てているうちに、立ち去りがたい心情がわかってきた。

事件の概要はつぎのようなものである。

<被告人は2016年3月~2017年4月にかけて、わななどで捕獲した猫に熱湯をかけたり、ガスバーナーであぶったりして9匹をショック死させ、4匹にけがをさせた。また、虐待する様子を動画撮影し、インターネット上で公開。虐待を繰り返すうちに虐待に楽しみを覚え、動画をネットで公開することが目的化していた>

▼全国の愛猫家が集結「執行猶予付判決許すまじ」

残虐性の高さもさることながら、その様子をネットで公開したことで発覚したのが、この事件の特徴だ。被告人は罪を認めているので争点らしきものはなく、初公判の今日、一気に求刑まで行われる可能性が高い。

しかし、動物愛護法違反の罪は<懲役2年以下、罰金200万円以下>。違反といってもさまざまなレベルがあるだろうが、このようなひどい事件が起きることを思うと「軽いな」という印象だ。

しかも、被告人は初犯なので、執行猶予付判決になるのではないかと目されている。怒っているのは裁判所前の人たちだけではない。事件にショックを受けた全国の愛猫家やペットを家族のように愛する人たちはネットで署名を集め、被告人に実刑を与えるよう裁判所に嘆願書を提出した。その数は16万人以上に達したという。SNSがエスカレートさせた犯罪行為に怒った人たちが、SNSを使って結集し、動物虐待家にプレッシャーをかけているのだ。

■結局、廃業した税理士「害獣駆除だから犯罪ではない」

ロビーで公判が終わるのを待っていると、さっそく情報が回ってきた。検察の求刑は1年10月。

いったいどこに2カ月減らす酌量の余地があるのだ、とそばにいたグループが憤慨している。執行猶予付判決が下れば被告人が同じ行為を繰り返すのではないか。実刑にならないとなれば、虐待する人間が後を絶たないのではないか。それを防ぐためにも、法律の許す範囲でもっとも厳しい罰を与えるべきなのに、と嘆いていた。

判決は懲役1年10月、執行猶予4年(税理士の仕事は廃業)。予想通りの結果といえるが怖さは残る。

被告人は当初、猫殺しについて「害獣駆除だから犯罪ではない」と開き直っていたという。もし、生き物をいたぶって殺すことに快楽を感じていたとしたら、最悪、対象が人間にエスカレートすることだってあるかもしれない。

そういう意味で、筆者が気になったのは初公判で結審、次回判決という、この裁判の素早さだった。被告人がもともと持っていたであろう残虐性を、フルに発揮させることになったSNSの魔力について、踏み込んだやり取りが行われなかったのは残念だ。

▼なぜ、税理士は犯罪の証拠をネットで公開したのか

それにしても、なぜ被告人は虐待している動画を次々にネットにアップしたのだろう。子どもじゃあるまいし、ガスバーナーで猫を焼き殺す動画が犯罪の証拠になることは、少しでも冷静さがあれば気づくはずだ。

被告人が動画をアップしていたのは“動物虐待家”が集まるネット掲示板。アップした動画を虐待家たちに絶賛され、次第にエスカレートしていったらしい。ひどい動画を投稿するたびに有名になり、「神」と持ち上げられ、ネット上の“オーディエンス”の期待と要望に応えるべく、つぎの獲物を探すようになっていったようだ。

犯罪行為と知りつつ調子に乗った、いや周囲に乗せられたというべきだろうか。いわゆる“承認欲求”が満たされるというやつだ。仲間内でこっそりやっていたつもりなのだろうが、これだけの内容をネットで公開すれば、発信元がバレるのは当然のこと。社会人にもなって、どうしてそんなことに気づけないのかと誰もが首をかしげるに違いない。くだらない自己満足のために犠牲になった猫がふびんだ。

■虐待犯を「神」と崇めたネット住人は一目散に逃げた

でも、読者のみなさんは、「SNSではしゃいだことはない」と言い切れるだろうか。

SNSへの書き込みで「問題化」するのは、政治経済のような大きな話題より、個人的なことが多い。仕事の愚痴を書きつらねる、知人・友人・会社関係者への個人攻撃、などである。こういうことは立場を同じくする人の間で盛り上がりやすいし、話が具体的になればなるほど「さすがだね」「鋭い指摘だね」といったコメントをもらいやすい。悪気はなくても、ついついやらかしてはいないだろうか。

称賛されれば悪い気はしないのが人間だ。フォロワー間ではしゃぐくらいはかまわないだろうという油断もある。が、“密室”のつもりでいても、どこからか内容が拡散してしまうのがSNS。実際は、駅前に立って大声で悪口を言っているに等しいと思ったほうがいい。それが本人にまで伝われば、その人が抱く嫌悪感は“飲み屋のグチ”の比ではないはず。さらに、それまで称賛していた人は応援団になってはくれず、孤立してしまうのがオチ。逆の立場なら、あなたもそうするのではないか。

▼SNSで何か発信する前に“音読”を実践せよ

実際、前出の猫の虐待犯が捕まったとき、それまで「神」とあがめていたネット掲示板の住人たちは、かばうどころか一目散に掲示板から逃げ出したという。顔も名前も知らず、SNSだけでつながった人間関係なんてその程度のものと考えたほうがいい。

とはいえ、SNSには良い面もたくさんある。一切断つのももったいない。そこで、調子に乗って墓穴を掘らぬよう、筆者がSNSで何かを発信する前に実践しているのが“音読”だ。

この言葉を発信して大丈夫だろうかと迷う書き込みを声に出して言ってみるのである。それだけで想像力が膨らみ、誰かに聞かれても問題ない発言かどうかがわかる。とくに「自慢」「嫉妬」「誰かの発言にカチンときて発する感情的な発言」はかなり防げるので良かったら試してみてほしい。

※写真は本文とは関係ありません。 写真=iStock.com/Bliznetsov