2002年の創業以来、ダウン専業のファッションブランドとして高いステータスを守り続けているイタリア発の『デュベティカ(DUVETICA)』。そのブランド名に込められた志の高さと、を越えたものづくりへの信念をたずねた。

伊・仏・日で追及する“ダウンの倫理”

青山通りに面したスパイラルホールの路地を入ったところにある『デュベティカ アオヤマ ストア トウキョウ(duvetica aoyama store Tokyo)』は、2010年10月オープンした『デュベティカ』世界初の旗艦店だ。一色の内装と基調のシンプルインテリアは、まるで美術館のような造りだ。 『デュベティカ』は、2002年イタリアのヴェニスで生まれたダウン専業ブランドだ。たとえばシューズブランドでもアパルラインを打ち出すのが常識化している中、アウターで専業を名乗るのはなかなかしい。その潔さはブランド名に表れている。“duvet”はフランス語ダウンし、“etica”はイタリア語倫理または徳。二つの単の組み合わせが意味するところには“ダウン倫理”という深長かつ摯な志が潜んでいる。 ではなぜフランスイタリアなのか。まず、ファッション業界で長く活躍してきたイタリア人のジャンピエロ・バリアーノ氏が創業者であり、フランスで採れるヨーロッパ最高級のグレイグースダウンのみ使用していることと、ダウンとしての機性を高いレベルで発揮させつつ、で着るべきデザインセンスイタリアめたことを由来にもつ。 さらに、を越えるという点では日本とも縁がある。『デュベティカ』は最初のマーケットに日本を選んだのだ。 2002年創業の翌2003年に製品販売を開始し、そこから2005年までは日本市場でしか売られなかった。なぜなら日本は、和という伝統的な衣服ベースヨーロッパアメリカファッションを受け入れてきた、他の文化とは異なる美意識を持ち得ているから。そんな独特なマーケットで鍛えられることを望んだのも、まさしくダウン倫理追求する『デュベティカ』の信念に基づいた行動だったと言えるだろう。

スポーツブランドにはないファツションブランドとしてのこだわり 「必ず手放せない一着になるでしょう」

続きを読む!

photo by 横山マサト text by 田村十七男

Copyright (C) Qetic Inc. All rights reserved.