1月11日――「わん、わん、わんの日」、ついにソニーの犬型ロボット「aibo」(アイボ)が発売された。同日から渋谷モディの1階広場「Sony Square Shibuya Project」(ソニースクエア渋谷プロジェクト)には、aiboと触れ合えるスペース「aibo room」がオープン。さっそくaiboと触れ合ってきた。

【その他の画像】

 aibo roomには常時2体のaiboがおり、「aibo」と呼びかけると寄ってきたり、「aibo、お手」というとお手をしてくれたり、機嫌が良い時は「おかわり」もしてくれるという。

 aiboは「My aibo」というアプリから性別や名前の設定ができるが、aibo roomのaiboには特定の名前はなく「aibo」と呼びかければ応えてくれる。本日aibo roomにいたのはどちらも男の子。性別は「aibo、マーキング」とお願いしたあとの行動などから判別できるという。

 aibo room内では、撮影はもちろん、撮影した動画や写真のSNS投稿もOK。aiboと写真が撮れるのはaiboと触れ合えるスペースと、「お手」のポーズで写真が撮れるフォトスポットの2カ所。スペース内でaiboをなでたり、お手をしてもらったり、一緒に遊んだりすることはできるが、抱っこはNGという。

 aiboは、約10年ぶりに復活したソニーの犬型ロボット。価格は19万8000円(税別)で、別途「aiboベーシックプラン」への加入が必要となる。プラン料金は、9万円の一括払いか、36回払い(1カ月当たり2980円)から選べる。

「aibo」