武富は梅崎の7番を継承、岩波はデビュー当時の31番に決定

 昨季にAFCチャンピオンズリーグACL)を制した浦和レッズは、11日に新シーズン背番号を発表。横浜F・マリノスから新加入のMFマルティノスが「11番」をつけることになった。

 浦和は昨季10シーズンぶりにACLを制して12月FIFAクラブワールドカップに出場し、5位という成績を残した。しかし、リーグ戦では思うように成績が伸びずに7位と低迷。シーズン半ばにミハイロ・ペトロヴィッチ監督契約を解除し、孝史コーチ監督に昇格させて戦った。

 今季も監督が続投する一方で、選手の入れ替わりも少なくなかった。要なところではDF那須大介(→ヴィッセル神戸)、MF矢島慎也(→ガンバ大阪)、MF高木俊幸(→セレッソ大阪)、MF(→湘南ベルマーレ)がチームを去り、マルティノスの他ではDF岩波拓也(←神戸)、MF武富孝介(←柏レイソル)、MF山田(←湘南ベルマーレ)が加入している。

 そうした中で、マルティノスは昨季にベガルタ仙台に期限付き移籍し、そのまま全移籍となったFW石原直樹がつけていた「11番」に決まった。また、武富は崎のつけていた「7番」、山田は「18番」、岩波は2012年デビューした当時と同じ「31番」に決定した。那須がつけていた「4番」や高木のつけていた「13番」はき番号となっている。昨季から在籍の選手に背番号の変更はなかった。

発表された2018シーズンの背番号

 監督の下では4バックへのシステム変更も行われた浦和だが、今季はどのような戦いを見せるのか。ACL出場権のない今季は内の戦いに専念する浦和は、06年以来となるリーグ優勝が最大の標になる。

 発表された背番号は以下の通り。

1 GK 西川周作

2 DF マウリシオ

3 DF 宇賀神友弥

5 DF 槙野智章

6 DF 遠藤 航

7 MF 武富孝介

8 FW ラファエルシルバ

9 FW 武藤

10 MF 柏木陽介

11 MF マルティノス

14 DF 平川

15 MF 長澤

16 MF 青木拓矢

18 MF 山田

20 FW  忠成

21 FW ズラタン

22 MF 阿部

23 GK 岩 直

25 GK 榎本哲也

26 DF 荻原拓也

27 DF 

28 GK 福島

29 MF 戸 

30 FW 興梠慎三

31 DF 岩波拓也

38 MF 菊池大介

46 DF 森脇良太

=新加入選手

=期限付き移籍から復帰

【了】

轡田哲朗文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーンウェブ編集部写真 photo by Football ZONE web

フットボールゾーンウェブ