FREETELのスマートフォン事業を譲り受けたMAYA SYSTEMは1月10日、FREETELブランドのSIMロックフリー端末2機種を、早ければ1月末にも発表すると明らかにした。ハイエンドとローエンド端末をそれぞれ、1機種ずつ発表する計画だ。

【その他の画像】

 FREETELはプラスワン・マーケティングが展開していたブランドで、MVNO事業とスマートフォン製造・販売を手掛けていたが、経営状況が悪化し、17年11月、MVNO事業を楽天に5億2000万円で売却。同12月、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、端末の販売・サポート事業も休止した。

 MAYA SYSTEMは18年1月9日付で、FREETELのスマートフォン製造・販売事業を譲り受けた。近く新端末を発表するほか、端末の販売・サポートも「近日中に再開する」としている。

FREETELのWebサイトには「FREETEL NEW MODEL COMING SOON」の文字が