すでに何でも持っている人、例えば英国女王に対して、プレゼントにどんな物を贈るべきだろうか? もちろん、歌うハムスターだ。


英王室一家と初めて共に過ごすクリスマスに、メーガン・マークルはエリザベス女王おもちゃハムスターを贈ったという。ハムスターは、ロープを引っると歌う仕組みになっており、女王はこのユニークプレゼントを見て笑い出したと複数のメディアが報じている。

Daily Mail』によれば、場は大いに盛り上がり、コーギーたちがこのおもちゃをつかもうとしたのを見て、女王は「友達になりそうね!」と笑ったという。英王室ではクリスマスユニークな物を贈る習わしがあり、高価な品より愉快なプレゼントを交換することが多いそうだ。

過去に贈られた物には、シャワーキャップや、チャールズ皇太子旅行時に今でも用している「いレザーの便座」などもあったという。

クリスマスを英ノーフォーク州にあるエリザベス女王の私邸サンドリンガムハウスで王室一家と過ごしたメーガンは、どうやら見事なスタートを切ったようだ。ちなみに、キャサリン妃がクリスマスを王室一家と過ごすようになったのは、結婚後のことである。

ハリー王子とメーガンは1月9日、婚約発表後2度となるの場に姿を現した。2人はロンドンにあるラジオ放送局を訪れ、手をつないで人込みの中を歩いていった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

■関連ビデオ
メーガン・マークル、エリザベス女王にユニークなプレゼントを贈って笑いを誘う