今週は8日まで競馬開催が行われた関係で、9日が全休日。ただし、重賞出走登録馬など限られた馬は9日に調教することができ、10日の追い切りに備えることができた。それ以外の馬に関しては、10日が全休明けになるので、全体的には11日に追い切りが集中している。

 ちなみに10日は午後から夜にかけて、それなりの雨量。11日の調教開始前、調教スタンドの気温計は-0℃の表示。0℃でもマイナスがつく時とそうでない時があるが、マイナスがついた今朝はかなりの冷え込み。凍結防止剤が撒かれていない砂地は凍っており、ウッドチップ馬場も凍って硬くなっていた。

【坂路/4F51.9秒】
 10日。追い切り頭数は少なかったが、一番時計はアクティブミノル(栗東・北出成人厩舎)の4F50.2秒。二番時計はロジクライ(栗東・須貝尚介厩舎)の4F50.4秒だったので、過去に速い時計を出した実績のある馬がきっちり動いたという馬場。

 11日。一番時計は4F50.9秒のサトノグラン(栗東・矢作芳人厩舎)。4F50秒台はこの馬しかおらず、4F51秒台の頭数も少ない。冬場の坂路馬場は日差しが馬場を照らすことが少なく、また水分を含むと乾きにくい場所。10日の午後に降った雨の影響はCコースに比べて大きかったと考えてよいかも知れない。

 先週の馬場差は「±0.0秒」。10日の馬場状態は先週と変わらず『±0.0秒』でよいと思うが、11日に関しては『+0.4秒』で馬場差を記録している。

【CW/5F66.5秒】
 10日。想像していたよりも追い切り頭数が多かった印象。その内容だが、全体的には速い時計を出すことをセーブしているように思える追い切りが多かった。よって馬場状態を判断するのは難しいが、基準時計よりも速かった先週の馬場と大きく変化した印象はない。

 11日。馬場開場から閉場まで、まんべんなく追い切りが行われたといった感じ。朝一番の馬場に関しては、冒頭にも触れたように、ウッドチップが凍っている状態。これが追い切りと気温の上昇で徐々にほぐれてきた。とはいっても、一気に気温も上がるわけではないので、表面が柔らかくなって、下地はしっかり固いという状態であれば、さほど走りにくい状態ではなかったと推測できる。

 ただ、向正面で速いラップを刻むと、最後の直線は止まり気味になるという、いたって基準時計に近い馬場状態。朝一番以外は、ほとんどの馬がこれに該当し、テンから飛ばした馬はラスト1Fが13秒台という感じ。

 そんな中で、抜けて素晴らしい動きを見せたのが、今週末の新春Sへ出走予定のヒーズインラブ(栗東・藤岡健一厩舎)。単走での追い切りだったが、前半からしっかり速いラップを踏むが、決して無理に出しているスピードではない。だからこそ、最後までしっかり脚がたまっていて、ゴール前も鋭い伸び。時計は6F80.0〜5F64.7〜4F50.6〜3F37.4〜1F11.9秒と全体も終いも素晴らしく速い。状態に関しては申し分ない。

 先週の馬場差は「-0.3秒」。全体的な時計の出方を見ると、先週とほとんど変わっていない印象。よって馬場差は10日、11日とも先週と同じ『-0.3秒』で記録することにした。

【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
 今週の芝馬場は10日に藤原英昭厩舎、11日に中内田充正厩舎、宮徹厩舎が追い切りで使用。馬場状態に関しては、雨の影響はほとんど受けておらず、良好といってよい。よって馬場差は10日、11日とも『±0.0秒』で記録している。

 ポリトラック馬場での追い切り頭数はかなり少ない。馬場差は10日、11日とも『-1.0秒』で記録している。

※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。

(取材・文:井内利彰)

ヒーズインラブは全体も終いも素晴らしく速い時計を出した(撮影:井内利彰)