防衛省は11日、沖縄県尖閣諸島の大正島周辺の接続水域内に、それぞれ1隻の潜水艦と中国海軍フリゲート艦が入ったと発表した。潜水艦は中国籍とみられる。尖閣接続水域で潜行した外国潜水艦が確認、公表されるのは初めて。領海への侵入や海上警備行動の発令はなかった。

 潜水艦の国籍について防衛省は、判明したかどうかも含め明らかにしていない。フリゲート艦側に対しては海上自衛隊の護衛艦が、接続水域である旨を無線で呼び掛けたという。

 防衛省によると、護衛艦「おおなみ」と哨戒機P3Cが10日午後、宮古島の東北東側の接続水域内を北西方向へ潜行する潜水艦を確認した。潜水艦は11日午前にいったん接続水域を出たが、尖閣諸島の大正島北東で再び同水域に入った。

 同じ大正島北東の接続水域では同日午前11時ごろ、中国海軍のジャンカイII級フリゲート艦が潜水艦の移動ルートと並び航行するのが確認された。2隻は同日午後、ほぼ同時に接続水域を出た。