麗澤大学(千葉県柏市/学長:中山理) の経済学部は、経済の知識のみならず世界で活躍できるグロバル人材の育成にもを入れており、特に英語の向上のため留学を推奨しています。この度、新たに経済学部学生を対とした「留学WEEK」を開催し、より留学を身近に感じてもらうだけでなく、学生に合う留学先を見つけてもらえるよう、学校別の留学説明会を実施いたします。「留学の意義は何か」「どのに留学すればいいのか」「費用はどれくらいかかるのか」「学力はどの程度必要なのか」「留学先の授業はどんな様子なのか」など、学生の疑問や不安を解決し、留学を身近に感じてもらうためのイベントです。この学校別説明会には担当の教員や、留学を既に経験した先輩学生が参加し、より具体的に留学の中身を知ることが出来ます。
 際交流センターは「普段から留学に関する悩みや疑問・質問を受け付けており個別に対応していますが、この“留学WEEK”をきっかけにもっと際交流センターに相談にきてもらい、留学する学生を更に増やして視野を広げてくれたら嬉しい」と話します。
留学を通して世界を実際に自身ので見て、感じることで将来を担うグロバル人材の育成に貢献する人材となると考えています。

概要
◆日時:平成301月15日()~23日(火)12:20~13:00 
◆場所:麗澤大学キャンパス内 校舎あすなろ 3階 2311教室http://www.reitaku-u.ac.jp/about/access.html
スケジュール
※1/15()と1/23(火)の二日間のみ取材が可です。スケジュールは変更の可性もございますので、事前にお問い合わせください

【麗澤大学について】
麗澤大学昭和10年、創立者の池千九郎(法学博士)が「科学専攻塾」を現在キャンパス千葉県柏市ヶ丘)に開塾したことから始まります。心豊かな人間性を養い、社会に貢献できる人材の育成をめざし、今では大学高校中学幼稚園を開設しています。また留学生の受け入れも積極的に行っており、キャンパスには世界20・地域から留学生が集まり、さまざまな言が飛び交っています。

配信元企業:麗澤大学

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ