リヴァプールに所属するブラジル代表FWロベルトフィルミーノが10日にインスタグラム更新バルセロナへ移籍した同代表MFフィリペ・コウチーニョへ惜別のメッセージを贈った。同日付の地元リヴァプールエコー』が報じている。

 フィルミーノは2015年にホッフェンハイムからリヴァプールに加入。同胞のコウチーニョとはプライベートでも仲が良く、家族ぐるみの付き合いもあったという。昨年ブラジルで行われた結婚式ではコウチーニョが介添人を務めるなど、2人は“親友”と呼べる間柄にあった。

 クラブや代表、さらにはプライベートでも友情を深めてきたコウチーニョの退団に、フィルミーノは寂しさを隠せない様子だ。同選手は「君という魔法兄弟がいなくなれば、リヴァプールはもはや同じチームではない」とのメッセージを残し、コウチーニョの移籍を惜しんでいる。

 また、フィルミーノは「兄弟、君が人生を楽しみ、全ての夢を実現できるよう、限の成功を祈っているよ。神様はいつも君と君の家族を守っている。君のようなマジシャンプレー出来たのは光栄だった」と言葉を添えて、新たな挑戦を決断したコウチーニョにエールを贈っている。

 フィルミーノのこの投稿には、リヴァプールファンをはじめとする多くの人が反応。日本時間の11日正午現在28万件をえる「いいね」と、2000件をえるコメントを集めている。

(記事/Footmedia

フィルミーノ(右)がコウチーニョ(左)へメッセージを贈った [写真]=Liverpool FC via Getty Images