自民党参議院議員の山本一太氏が番組ホストを務める『山本一太の直滑降ストリーム』に俳優津川雅彦氏がゲストで登場しました。

 番組内では、国会議員として、クールジャパンを振する山本議員が日本映画ドラマについて氏に意見をめたところ、氏が日本映画界の問題点を摘しました。

※本記事は、2016年2月10日に配信した「山本一太の直滑降ストリーム」の内容の一部を再構成したものです。

人気記事-
元日なので天皇陛下がお乗りあそばされる『御料車』の知られざる歴史を解説してみた
被害者の"はあちゅう氏"はなぜ大炎上したのか。 「事後の対応が本当に下手で、結果どっちもどっち感になってる」吉田豪らがコメント

すべての写真付きでニュースを読む

今の日本映画は何がだめなのか

山本
 私はクールジャパンコンテンツをやっていまして......そのときに思ったのですが、日本映画ドラマ大丈夫なのでしょうか。


 だめです(笑)。何がだめかっていうと、映画配給会社が映画を作っている人たちをけさせないっていうシステムになっているんですね。それが映画の発展を阻しています。それともう一つは、日本映画人は左翼が多くて、アメリカが嫌いなんです。

 彼らはアメリカから学ぼうとしないのですが、実はアメリカ映画ハリウッド映画がやはり一番娯楽映画として優れてできているんです。なぜ左翼が多いとだめかというと、芸術映画を撮りたがるんです。「スター・ウォーズシリーズも「007シリーズもなかなか面くできていますよ。ハリウッドというのは基本的には、人種が雑多なんです。つまり言葉でしゃべったって、なかなか通じない。画で見せなきゃだめだということ。

 日本語でしゃべっていても、画で見せることができたら内容が全部わかる。ハリウッドはこれでやっているんだと思いました。今、アニメ世界で「クールジャパン」といわれているのは、画で見せることができているからです。これさえ外さなければ、世界市場を席巻できるんですよ。

日本映画が発展しないのはハリウッドを勉強しないから?


 それともう一つ、ハリウッド式のドラマの作り方ですね。は"ひき"と呼んでいますが、障を作ってそれを"ひいて"いくときに、障を倒していかないといけないから、がいるじゃないですか。ドラマストーリーの先に向かって、引っっていくときに、抵抗のある引っり方を映画がしてくれるかどうかなんですよ。どれだけの障を作るか、どれだけ画だけ見ていればわかるかといえば、それはキャラクターなんです。

 手塚治虫さんが日記に書いていらっしゃるんですけど、日本映画が発展しないのはハリウッドを勉強しないからだと。それは何だったかというと、キャラクターをちゃんと立てず、ストーリーばかり作るから。

そうではなく、キャラクターストーリーを作るんです。たとえばここに獰猛な女と奢な男がいたら、どんなドラマがはじまるかと、面おかしくいきそうじゃないですか。それがキャラクター普通だと面くもおかしくもない。面く見せてやるためには、いろいろな引っ掛かりが必要なんですよね。思った通りにいかない意外性です。そういうものを、どれだけたくさん置いてやろうかというのを脚本の段階で仕組んでいかないといけないですね。

山本
 以前、『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』という東映アニメーションが大きく賭けに出て、30億くらい使って本当に素晴らしいアニメを作ったんです。しかし残念ですが行的にはあまり上手くいかなかった。ヨーロッパでは意外と流行ったのですが、全体の収益を足してもあまりいかなかった。

 試写会の段階では私は本当に素晴らしいと思ったのですが、なかなかハリウッドアメリカのようにいかない。さんのお話を聞いていて思ったのは、最初からシナリオライターアメリカ人にするとか、ラブストーリー要素を入れるとか、どうすれば娯楽として人の心を惹きつけるのかを、プロットの段階で、いろいろな異分野融合でやればいいなと思いました。


 そうそう、ところが日本脚本家はみんな芸術ぶっていて、ストーリーを大事にする。キャラクターを際立たせるということをしないんですよね。ハリウッドに追随するのは日本の恥だと思ってる人は多分いるんでしょうね。

次のページ »「文化が届けば日本語も世界を席巻することができると思うんです」