食べなければ生きられない、というのが常識だが、食べなくても生きられる、という人もいるようだ。スリランカに住むキルベ(Kirby)さんは、5年間ほとんど何も食べずに生きているという。

 キルベさんは1995年国家射撃選手権大会シニアチャンピオンを獲得し、何度もボクシングメダルを得るなどスポーツ。さらに、データエアハウスプロジェクトの創始者であり、スリランカ社会サービス部門の行政顧問、国家志願サービス事務局の主任を務める企業でもある。キルベさんによると、これらの成功はすべて食事を断ってから得たものだという。

 およそ5年前、彼はある古い本の中で、6年間まったく食事をせず40日ごとに分を取るだけで元気に生きた経験者の話を読んだ。また、現代人に糖尿病心臓病などが多発する原因は飲食によるものだというグル(ヒンドゥー教などの宗教導者)の話を読み、その時から彼は食事を控えるようになった。1週間に1回しかを飲まず、数カ間に1回しか食事を摂らない。しかし、彼は今までになく元気であり、まったく飢餓感や苦痛を感じないという。昨年、彼はマラソンに参加し、31キロメートルコース完走した。この間、3カまったく食事を摂らなくても、飢えや渇き、あるいは疲れを感じることがなかった。彼は、必要なエネルギーは食事の中から得るのではなく、地の精を体内に取り入れて得るのだと話す。

 医学の専門らは、人が食事を摂らなければ、長くても2カしか生きられないと考える。しかし、キルベさんは過去10カの間に7回しか食事を摂っておらず、その量は毎回500ロカロリーに限定している。キルベさんによれば、毎回一般の食事をすると、非常に疲れてつらく感じ、病気になる時もあるという。そのため、食べてもせいぜい僅かなパンと少しのワインしか摂らない。彼の妻・フィオナFiona)さんも1週間に数回しか食事を摂らない。自然界から摂取可エネルギーは食品から由来するエネルギーよりかに豊富であると彼は思っている。

 栄養師は「中からエネルギーを吸い込んで生きる」という考え方は非常に危険だと摘している。一方、キルベさんは定期的に健康診断を受けており、結果はすべて良好である。彼は、自分の生活習慣が老化を抑制していると考えている。

2013年10月9日の記事を再掲載いたしました)

                                                               (翻訳編集・東方
 

食事をほとんど摂らないキルベさん(スクリーンショット)