「JR九州アプリ」は、「JR九州インターネット列車予約サービス」での列車予約や時刻表、リアルタイム列車位置情報「どれどれ」など基本的な鉄道アプリ機能に加え、“JR九州の鉄道”を楽しめるゲーミフィケーション機能を提供しています。この度、40万ダウンロードを記念し、日頃からご利用いただいているお客さまに感謝を込めて、「40万ダウンロードありがとうキャンペーン」として、以下のキャンペーンを実施します。


400名さまにJRキューポ400ポイントプレゼントキャンペーン

JR九州アプリ内の「キャンペーンボタン」より、「40万ダウンロードありがとうキャンペーン」にエントリーいただき、2018年1月11日(木)から2018年2月18日(日)の間にJR九州アプリで「JR九州インターネット予約」を合計で10,000円以上ご利用いただいたお客さまの中から、抽選で400名さまにJRキューポ400ポイントをプレゼントいたします。

■「JR九州アプリ」の概要  
JR九州アプリアイコン

▽対応OS・ダウンロード
「App Store」(iOS版:iOS 8.0以上に対応)、「Google Play」(Android版:Android OS 4.1以上に対応)でダウンロードが可能となっています。
http://www.jrkyushu.co.jp/app/lp/

▽シンプルでJR九州の世界観を反映したユーザーインターフェース
テーマカラーとして「和」のテイストを意識した金色を用い、九州新幹線やD&S列車の世界観に代表されるレトロモダンなテイストのデザインを取り入れました。スタイリッシュなだけでなく、随所にちりばめられた列車のモチーフなど、遊び心も満載です。
アプリホーム画面
▽列車を利用・予約されるお客さまのユーティリティ機能
「JR九州インターネット列車予約サービス」の機能をはじめ、時刻・運賃検索や予約情報表示、リアルタイム列車位置情報「どれどれ」など、鉄道を利用される際に必要となる機能やJR九州Web会員関連の情報をホーム画面に集約することで、外出先からの急な予定変更などにも柔軟に対応できる、操作性の高いアプリです。

▽JR九州の鉄道をより楽しめるオリジナル機能
九州新幹線・特急列車のご利用や、ログインを重ねていくごとに楽しみが広がるスタンプコレクション、また、アプリから列車予約をしていただくことで応募できるプレゼント企画やログインしていただくことでメーターを貯めて「JRキューポ」やスタンプがもらえるインスタントウィンなど、お得で楽しい機能を搭載し、列車予約シーンに彩りを加えます。また、GPSを活用したチェックインで楽しめるコンテンツもございます。

*1 記載されているOS・サービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
*2 URLのご案内
 -「JR九州アプリ」 http://www.jrkyushu.co.jp/app/lp/
 -「JR九州インターネット列車予約サービス」 http://train.yoyaku.jrkyushu.co.jp/
 -「JRキューポ」 http://www.jrkyushu.co.jp/point/


■主なコンテンツ・機能
▽列車予約(予約照会・変更)
これからは、急な予定が決まってもスマートに予約。JR九州アプリなら外出先でもサクッとラクラク&おトクに予約や変更ができます。

列車予約画面

▽リアルタイム列車位置情報「どれどれ」
JR九州内の在来線(対象線区に限ります)の列車走行位置を、リアルタイムに確認できます。よく利用する駅の登録も可能です。
「どれどれ」画面

▽時刻表
「JR九州時刻表」まるまる1冊分の時刻データを収録しております。また、「お気に入り」として、よく利用する駅の登録も可能です。
時刻表画面

▽プレゼント
アプリ経由の予約・変更乗車で貯まっていくJRキューポを集めて、アプリ限定のプレゼント抽選に参加いただけます。
▽キャンペーン
JR九州が実施する各種キャンペーンへの参加エントリーをすることができます。アプリ利用限定のキャンペーン等も実施予定です。
キャンペーン画面
▽GPSチェックイン
新たなゲーミフィケーション機能で、特定の場所でチェックインすると、数に応じてデジタルインセンティブ等をもらうことができます。
GPSチェックイン画面

▽トリップメーター
1日1回楽しめるインスタントウィン機能です。100%まで貯まると、スタンプやJRキューポを獲得することができます。
トリップメーター画面

▽スタンプコレクション
予約やログイン、トリップメーターなど様々な条件によって、JR九州の鉄道を楽しめるスタンプが獲得できます。コンプリートでJRキューポも獲得できます。
スタンプコレクション画面


配信元企業:株式会社Showcase Gig

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ