「ウォーキング・デッド」の人気キャラクター、モーガンがスピンオフ番組「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」のレギュラーになることが明らかになった。

「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」は、「ウォーキング・デッド」の前日端を別のキャラクター、別のロケーションで描くプリクエル。だが、これまでに2つのドラマが交差することはなかった。このたび、はじめてクロスオーバーを果たすのはレニー・ジェームズが演じるモーガン。彼は「ウォーキング・デッド」シーズン1に登場したのちに、シーズン33の最終話に登場。シーズン6からはレギュラーになり、現在全米放映中のシーズン8にも出演している。

このたび、アメリカで放送中の「ウォーキング・デッド」の解説番組「トーキング・デッド」において、モーガンが「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」に登場するとことが発表された。米テキサス州オースティンで間もなくクランクインするシーズン4からレギュラーとして登場するという。

ロバート・カークマンによれば、「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド」は「ウォーキング・デッド」の「ウォーキング・デッド」のシーズン1からシーズン2の最初が舞台ということなので、リック(アンドリュー・リンカーン)と別れてからのモーガンの出来事が描かれるようだ。なお、「ウォーキング・デッド」の製作総指揮を務めるスコット・M・キンプルは「モーガンはこれから『フィアー』で大きく描かれることになるが、『ウォーキング・デッド』でもまだたくさんの物語が残っている」と発言していることから、「ウォーキング・デッド」におけるモーガンの出番が終わったわけではなさそうだ。

レニー・ジェームズが演じるモーガン