STV(札幌テレビ放送)の情報番組『どさんこワイド』がスタジオを飛び出し道内各地にお邪魔して地元の方と触れあったり、その町の魅力をお伝えする『どさんこキャラバン』。2018年の第1回目は1月19日(金)、『どさんこワイド 冬の大雪(たいせつ)キャラバン』と題して、大雪山系の恵みが溢れる美瑛町と東川町を訪れます。
ロゴ


『どさんこワイド朝』は、福永俊介・大家彩香アナウンサーが美瑛町から生中継します。
大雪山系十勝岳(2,077m)のふもとに広がる美瑛町。印象的な丘陵地帯は、はるか昔に大雪山系の元となった火山の噴火によって出来たと言われています。中継地点は「青い池」。十勝川の湧水と美瑛川の水が交わったことによって神秘的なブルーを見ることが出来る人気スポットです。冬は結氷し雪原のようになりますが、年々観光客が増加中。その理由は夜のライトアップ、「インスタ映え」する写真が撮れると大盛況です。番組では、「青い池」だからこそできるライトアップの秘密と工夫に迫ります。また、丘陵地帯で育った小麦にも注目。その小麦100%で作った「美瑛カレーうどん」をキャスターが生中継で味わいます。

夕方の『どさんこワイド179』は、福永・大家両アナウンサーが東川町の道の駅から生中継。東川町は北海道最高峰の旭岳(2,291m)の恵みに抱かれたマチ。旭岳の湧水は人々の生活に欠かせない存在で、上水道がない道内唯一の天然水のマチでもあります。天然水で作る行列必至のうどんや、老舗豆腐など旭岳の恵みが詰まった食材を扱うお店をご紹介します。
また、その旭岳のパワーを感じるべく、村雨美紀アナウンサーは生中継で冬の旭岳を散策します。旭岳ロープウェイの姿見駅から徒歩20分、「ゴゥゥゴゥゥ」と4~5メートル吹き上がる水蒸気…。その噴気孔まで歩いて接近します。夏は高山植物などがあり近づけない噴気孔ですが、冬は雪の絨毯が噴気孔までの道を作ってくれる…という、この時期だけの絶景スポットです。
「出張お絵かきですよ!」も東川町の道の駅「道草館」から実施します。
福永俊介
大家彩香
村雨美紀

■『どさんこワイド朝』概要
【放送時間】毎週月曜~金曜日 午前5時~午前6時30分(北海道ローカル放送)
【番組HP】http://stv.jp/tv/dosanko_asa/
【インスタグラム】https://www.instagram.com/dosanko_asa/?hl=ja

■『どさんこワイド179』概要
【放送時間】毎週月曜~金曜日 午後3時48分~午後7時(北海道ローカル放送)
【番組HP】http://stv.jp/tv/dosanko_eve/

配信元企業:札幌テレビ放送株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ