しゅふJOB(ビースタイル運営)は1月10日、働く主婦層を対象とした「優先したい時間」に関するアンケート調査の結果を発表した。調査期間は2017年11月23~30日、調査対象はビースタイル登録者と求人媒体「しゅふJOBパート」の登録者、有効回答は745人。
○2017年に優先した時間は「家事・育児・介護の時間」

2017年に優先した時間を尋ねたところ、「家事・育児・介護の時間」が49.5%でトップ。以下、「仕事時間」が43.5%、「家族のコミュニケーション時間」が37.2%、「休息・睡眠時間」が23.9%、「趣味の時間」が19.7%と続いた。

次に2018年に優先したい時間を聞くと、「仕事時間」が47.0%と最も多く、次いで「家族とのコミュニケーション時間」が46.6%、「趣味の時間」が36.1%、「家事・育児・介護の時間」が32.1%、「休息・睡眠時間」が31.1%となった。

しゅふJOB総研所長の川上敬太郎氏は「ほとんどの項目で2018年に優先したい時間よりも2017年に優先した時間の方が下回っています」と指摘。2017年に優先した時間の方が上回ったのは「家事・育児・介護の時間」のみで、川上氏は「趣味・休息・資格勉強・美容など自分の楽しみのための時間を削って『家事・育児・介護』の時間を捻出していたようにも見受けられます」と推測している。
(御木本千春)

画像提供:マイナビニュース