セクハラ騒動で俳優ケヴィン・スペイシーの出演シーンをすべて撮り直ししたことで知られるリドリー・スコット監督の最新作『All the Money in the World(原題)』。ケヴィンの代役を務めた俳優クリストファープラマーと共に、俳優マーク・ウォールバーグや女優ミシェルウィリアムズらが再撮影に臨んだが、マークミシェルの再撮影のギャラに1500倍以上の差があるとUSA TODAYが報じ、ジェシカ・チャステインやビジー・フィリップス女優が怒りを露わにしたという。

【関連】米誌「ギャラを貰いすぎている俳優」1位はマーク・ウォールバーグ!TOP5発表<フォト集>

 石油王ジャンポール・ゲティの孫ジョンポール・ゲティ3世の誘拐事件を題材にした『All the Money in the World』。USA Todayによると、再撮影でマークが得たギャラが150万ドル(約1億6750万円)だったのに対し、ミシェルのギャラは日当80ドル(約8900円)で合計しても1000ドル(約11万1700円)未満だったと伝えた。

 スコット監督は以前、USA Todayとのインタビューで再撮影について、クリストファースタッフ以外は、自分も含めて償で再撮影に応じたと話していたが、再掲載されたインタビューの該当箇所にマークの名前は出ていなかった。

 このニュースを受け、ジェシカは「マークの何万ドルにべて、ミシェルの日当が80ドルだったと聞いた。だれか、どういうことか、明確にしてくれるかしら? すべてが明るみになったおかげで、彼女にもに出演料が支払われることを願わずにはいられない。彼女はずば抜けた才女優で、映画でも素らしかった」とツイートした。

 ミシェルと親交が深いというビジーは、「容認できない。控えめに言っても、許されないわ!!!!!」と多数の感嘆符で怒りを露わにし、「まさに屈辱的」とツイートしている。

 スコット監督の話から察するに、ミシェルはほぼ償の撮影に同意したようだが、マークミシェルも同じウィリアムモリス・エンデヴァーというタレントエージェシー契約しており、女優パトリシアアークエットはエージェントの責任摘している。

R・スコット最新作でマーク・ウォールバーグとミシェル・ウィリアムズの賃金格差が明らかに(C)AFLO