1月9日に放送された「指原莉乃ブラマヨするサイテー男総選挙」(AbemaSPECIAL)で、指原莉乃占い師からの残念なアドバイスに「つまんねー1年だな」と投げやりになる場面があった。

【写真を見る】指原莉乃は“文春砲”というワードになぜかウインク

同番組内の「2018年恋愛ランキング」のコーナーで、スタジオ占い師の士が登場し、出演者全員恋愛運を、1位(サイコー)から、16位(サイテー)までランキング形式で発表した。

英二は第4位にランクインし、吉田敬が「(元カノと)ヨリを戻せるってことですか?」とに聞いたところ、「その可性はあります」と即答。小は「ない! ないですよ!」と、慌てた様子を見せた。

続いて、12位ランクインした吉田には、から「吉田さんは、何を忠告しても駄っていう人ですので、占いでは変わり者と出ちゃう人。ですから、好きに生きていただいていい」とコメントがあり、スタジオ爆笑に包まれた。

また、11位小杉竜一には「“やんちゃスイッチ”が入る年となっています。本当に注意された方がいいですね」とアドバイス

そして問題の指原は15位に…。から「指原さんは、本当に今年は恋愛運が厳しいですね。どうでもいい人に好かれる、ストーカーに遭う、不倫する、遊び人にだまされる、そういう年なので、本当に大人しくされた方がいい。そして表面化する年でもあるので、“文春砲”とか気を付けてもらわないといけない。

今までの人とスクープされるというのと、ことし出会う人が全部ダメ。両方の側面を持っている」とアドバイスされた。

それを受け、指原は「ことし会う人が全部駄だったら1年つまらない。つまんねー1年だな」と、吐き捨てていた。(ザテレビジョン

指原莉乃がことしの運勢に絶望した