アルビレックス新潟は11日、韓国代表DFソン・ジュフンと2018シーズンの契約を更新したことを発表した。

 現在23歳のソン・ジュフンは、2013年に行われたFIFA U-20ワールドカップ トルコでの活躍で、韓国のみならず日本やヨーロッパのクラブから注目される存在となった。翌年、新潟に加入することが発表されたが、出場機会をほとんど得ることができず2015年7月から2016年の1年半、水戸ホーリーホックに期限付き移籍。昨シーズンに新潟へ復帰を果たし、明治安田生命J1リーグで27試合に出場した。その活躍が認められ、10月には韓国代表デビューも果たしている。

昨年韓国代表デビューを果たしたソン・ジュフン [写真]=J.LEAGUE