1月10日にコロプラがスマートフォン用ゲーム「白猫プロジェクト」を巡り任天堂に訴訟を提起されたと発表した件で、Twitter上ではハッシュタグ「#任天堂を許すな」が盛り上がりを見せています。流れからも分かる通り、「白猫プロジェクト」のファンによる怒りの声の表明場所……のはずだったのですが、あっという間に任天堂ファンたちによる続編要望所となり、現在は大喜利会場となり果てました。任天堂、愛されています。

【参考画像】キャプテン・ファルコン

 主にこのタグで望まれているのは、「カービィのエアライド」と「F-ZERO」の続編。「何年待っていると思っているんだ!」という声が多数あがっています。特に「F-ZERO」はシリーズ自体に長らく続編が出ていないこともあって、「キャプテンファルコンがただのパンチが強い謎のおじさんだと子どもたちから思われている」という悲しい意見も。

 それ以外にも、「任天堂のゲームが面白すぎて積みゲーが消化できない」「任天堂のせいでゲームクリエイターになった」「丸1年を『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』に費やしてしまった」などなど、許されないエピソードが多数投稿されていました。

 なお、もはやハッシュタグの全体からコロプラの話がほとんど見当たらない状態になっています。

トレンドではトップに