【元記事をASCII.jpで読む】

 デルはラスベガスで開催中の「CES 2018」にてプレスカンファレンスを行ない、「XPS 13」の新モデルやHDR対応のディスプレー、さらにALIENWAREブランドでの取り組みについてプレゼンを行なった。

世界最小13インチ! ボディーにガラス繊維を採用する「XPS 13」

 冒頭で紹介されたのが、13インチモデルの「XPS 13」。XPS 13シリーズは、5年前から開発陣がデザインチームと一緒にPCデザインのリーダーになろうという目標を掲げて開発を進めてきた製品。その5年間の努力が華開いた結果、市場占有率もアップしている。

 そのXPS 13のさらなる限界に挑戦して開発されたのが今回の新モデル。世界最小の13インチラップトップで、フットプリントは11インチモデルに近いほど。

 天面のカラーはローズゴールドとシルバーの2色で、本体側もそれぞれアルパインホワイトとブラックと別色になっている。

 また、本体素材にPCとしては初めてガラス繊維を採用。排熱に優れ、耐久性もあり、汚れてもカンタンに拭き取れるのがポイント。

 樹脂よりも紫外線に強く、発表会では「白いPCはすぐに変色してしまうが、新XPS 13は1000日の耐久性がある」と説明している。

 冷却効果としては、火星探査車「Mars Rover」の熱の放散・消散にも使用されているシリカエーロゲルと同素材のGORE Thermal Insulationを排熱システムに採用。この素材をPCで使用するのも世界初となっている。

世界最小で耐久性もバツグンの「XPS 15 2-in-1」

 ノートPCとしては15インチの「XPS 15 2-in-1」も発表された。こちらも15インチの2in1ノートとしては世界最小。磁力浮遊キーボードを採用し、薄さに加えて、1万2000回のタイピングテストも通過する耐久性を備えている。

 またパワフルなスペックも魅力で、プロセッサーはAMDのGPUを内蔵した「8th Gen Core Processors with RADEON RX Vega M Graphics」(いわゆるKBL-G)を搭載。4096階調筆圧検知に対応したペンも付属しており、グラフィック処理などクリエイター向けのPCとなっている。

HDR対応の動画視聴向けディスプレー

 デルはPC用のディスプレーとしてHDR対応の「Dell 27 Ultrathin Monitor(S2719DM)」と「Dell 24 Ultrathin Monitor(S2419HM)」をリリース。

 プレスカンファレンスでは「Netflixなどのオンデマンドをはじめ、コンテンツをテレビで見るのではなく、PCで見るユーザーが増えてきている」とし、動画配信サービスなどのコンテンツを見るのに最適な仕様に仕上げてきている。

 さらに、PCでの動画配信サービスをストレスなく楽しめるよう「Dell Cinema」を提供。映像や音楽を最適に調整するだけでなく、ネットの接続にもカスタマイズを入れ、オンラインでのストリーミング中はその帯域を優先的に確保。さらにデータを最適化してよりバッファリングを少なくする工夫が成されている。

イルミネーション制御やクロックアップ制御ができる
新Alienwareユーティリティー

 デルのゲーミングブランドとして展開しているAlienwareは、PCの新モデル発表こそなかったもののサービスの拡充を発表。

 ゲームコンソールの「Alienware Command Center」では、インストールしたゲームの管理から、本体やキーボード、マウスなどの周辺機器の設定が可能となっている。

 装飾するLEDの発色をコントロールしたり、PCのクロックアップといった操作もGUIでチェックしながら行なえる。

 そのためPCに詳しくないゲームプレーヤーもPCを自分に最適なセッティングに手軽に設定できるのこと。

世界最小ノート「XPS 13」などデルの新製品をCESでチェック!