男の子はママの方に懐いている子が多い中、ジョージ王子がメディアに現れる際にはいつもキャサリン妃ではなくウィリアム王子と一緒。一方でキャサリン妃が常にシャーロット王女と一緒に登場することに疑問を持つ人々も多いようだが、子育てのエキスパートがその疑問に答えている。

【写真はこちら】ご家族はいつも2組のペア?写真で双方を比較!

ウィリアム王子とキャサリン妃と言えば、古い英王室のしきたりを破って現代的な子育て手法をとっていることで有名だが、メディアの前のみならず昨年公開されたクリスマスカードでも、ウィリアム王子の前にジョージ王子が立って手を握り、キャサリン妃がシャーロット王女の前に立っていた。このことは2人が伝統を重んじた教育を徹底している表れでもあるという。

これについて子育てのエキスパートであるジャスミン・ペーターズは「ジョージ王子は将来一国の君主になる存在ですので、父親が息子の面倒を見て、母親が娘の面倒を見るのは珍しいことではありません」

「このようなとても伝統的な方法にのっとりながら、2人はお互いに深い絆で結ばれ、2人の子供たちをしっかりと育てていくことのできる素晴らしいご両親だと思います」とデイリー・メール紙に語っており、ジョージ王子もシャーロット王女も恵まれた両親のもとですくすくと育っているようだ。(Movie Walker・NY在住/JUNKO)

ジョージ王子はお父さんっ子?