女優の広瀬すずが11日、都内にて開催された平成30年「はたちの献血」キャンペーン記者発表会に出席。ベリーショートにヘアチェンジした実感を明かした。

【大きい画像を見る】広瀬すず【写真:竹内みちまろ】


 放送中のテレビドラマ「anone」(日本テレビ系)の役作りのためにヘアスタイルをベリーショートにしている広瀬は、1年前にも髪の毛を短くはしたそうだが、「こんなに短いのは人生で初めてです」と明かした。「ドライヤーも1分だし、本当に楽です」と実感を込めて告げるも、「いつも夏が長くて、冬に切るので、逆だったら(笑)」とにっこり。「お洋服も変わってくるので楽しいです。今は、ショートを楽しんでいます」と声を弾ませた。

 広瀬は、今年6月19日に二十歳の誕生日を迎える。「実感は、そんなにないです。まだ、目の前にことで精いっぱいすぎて、先のことを考えられる余裕はずっとあるわけではありませんので。気付いたら、『明日、二十歳なんだ』と思うのだろうなというイメージはあります」と素直な心境を言葉にした。

 また、二十歳になることを意識することもないそうで、逆に、「10代だからこそ、少女だからこそ感じられるものなどを今、すごく大切にしたいなと思います」と残りわずかとなった10代の時間を大切にしたいとの思いを告げた。

 「anone」では「ちょっと孤独な女の子」を演じているというが、プライベートで孤独を感じたことがあるのかを尋ねられると、「あります」と即答。「ずっと常に感じているわけではないですけど、皆さんどこかにあるのだろうなと思いますし、私もちゃんとあります」と続けた。

 “19歳でこれだけの仕事をしていたら、周りにスタッフがいても、当然、孤独の中にスポーンと入る瞬間があるのでは”と投げ掛けられると、「孤独かどうか、具体的には分からないですけど、怖くなる瞬間があります」と回答。仕事量の多さとは関係がないようだが、「家に帰ったときに、何も考えなくなると思って」と付け加え、多忙な毎日を送る10代の少女の素顔を垣間見せた。

 二十歳になったらやってみたいことの話題では、「『海街diary』(=2015年公開映画:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬が4姉妹を演じた)のお姉ちゃんたちとやっと最近、色々な話ができるようになりました。出会った頃は中学生だったので」と笑顔を見せ、「お姉ちゃんたちともっと色々なお話ができるようになるのだなと思います」と期待に胸を膨らませた。

 イベントでは、フリーアナウンサーの小林麻耶がMCを担当した。【ほかの画像を見る】広瀬すず【写真:竹内みちまろ】
広瀬すず【写真:竹内みちまろ】