10日に放送されたTBS系「クレイジージャーニー」に出演したダウンタウンの松本人志が自身のSNSについて語った。

【写真】「ドキュメンタル」シーズン2の取材に答えた松本人志

番組冒頭、小池栄子が「あれ、聞きたかったんだ。あれなんですか?松本さん、娘さんの前で『チキンライス』歌ったって。奥様がちょっと涙したって記事」と昨年のクリスマスイブに松本が自身のTwitterアカウントに投稿したツイートについて話題を振った。

松本は昨年の12月24日に自身のTwitterアカウントに「初めてチキンライスを歌いました。彼女はどう感じたのかな。。。なにやら嫁が泣いてた。 少し酔ってます。メリークリスマスです。」と投稿している。『チキンライス』とは松本が作詞し、槇原敬之が作曲したクリスマスソングだ。

これについて松本は「あれ本当に朝、自分のツイッター見て汗ダラー出た」とコメントし、「『俺、なに呟いてんねん』って思って」と明かした。

設楽統も「チキンライス歌ったんですか?」と質問すると、松本は「歌ったみたいやね。あの事実は事実なんやろうけど、『俺なにを呟いてんねん』って思って」と話し「本当にみなさん、お酒飲んでのツイートは止めたほうがいいですよ。本当に怖い」とコメントした。

さらに松本は「うちの嫁はそっちが全然無関心なんで、多分ツイートされたことも気づいてないから。あれ、もし嫁に『あなたあれ何?』って言われたら、俺もう本当死ぬぜ」と心境を語った。

同番組では滝沢秀明が溶岩が滞留し湖のようになった場所を指す、”溶岩湖”に行くことが好きなのだと明かし、その意外なライフワークに松本は「タッキー、こんなん男前がすることじゃないで」と驚き顔でコメントし、笑いを誘っていた。

松本人志が自身のツイートについて「本当死ぬぜ」