中国艦船が沖縄県・尖閣諸島の接続水域に入ったことについて、中国外務省の陸慷報道局長は11日の定例記者会見で、「日本の海上自衛隊の艦艇2隻が前後して赤尾嶼北東側の接続水域に進入し、活動した。中国海軍は全行程の追跡、監視、抑制を実施した」と、尖閣諸島を自国領とする中国側の立場から説明した。