自分はタバコを吸わないが、喫煙者の上喫茶店ランチを供にすることが多々ある……しかし、いつも喫煙席を選ばれ、困っているという人はいないだろうか。「教えて!goo」にも、「タバコを吸う上司と吸わない新人が、喫茶店に行ったら?」ユーザーから質問が投稿されていた。そこで今回はGCDF―Japanキャリアカウセラーの伊藤余子さんに対処法を聞いた。

■上が何も聞かずに喫煙席を選んでしまう場合の対処法

喫煙席でもいいかと尋ねてくれれば逃げはあるが、それもない場合はどうしたらいいのだろう?

タバコが苦手な人にとって、喫煙席は拷問です。私も実際経験があり、露にうちわあおいだことがあります。最近は嫌煙権や受動喫煙についての問題も騒がれていますし、喫煙者も肩身が狭くなっていますね。だからこそランチの時間ぐらいは、思いっきり吸いたいと思われているかもしれませんが、その煙を非喫煙者が慢するのは辛いものです。もしも喫煙席を選んでしまい、変えて欲しいと言いづらい場合は、なるべく出口に近いところを選ぶ、空気清浄機の近くに座る、上に座るなど、煙を回避する方法を取ってみてはいかがでしょうか」(伊藤さん)

自分でお店を選べるならば分煙になっていないお店、つまり喫煙可であるが席は分かれていないところを提案すると、喫煙席より煙が和らぐという

■一度喫煙席を選ぶと後戻りはできないのか?

一度喫煙席でランチをしたことで、禁煙席にしたいとは言いにくくなってしまった……そんな場合はどうすればいいのだろう?

「煙が耐え難かったら、部下から禁煙席を提案して構わないと思います。お互いに気持ちよく時間を過ごすためには必要な提案であり、意思表示です。『実は喉が弱いので禁煙席でもよろしいでしょうか』『この後の商談相手はタバコが苦手であるため、臭いがつかないよう禁煙席でもよろしいでしょうか』などの理由をつけて禁煙席を提案してみてはいかがでしょうか」(伊藤さん)

ただ喫煙席が嫌と言うのではなく、ちゃんと理由を述べることが重要だ。しかし、上の機嫌が悪くなったらどうしたらいいのだろう。

「上からの心が悪くなるのは、タバコを拒否したことよりも共有した時間の過ごし方、その後のフォローがうまくいかなかったときです。ご一緒させていただく時間は一杯楽しむ、興味を持って話を聞く。帰る際には『タバコの件、申し訳ありませんでした』『わがまま言ってすみませんでした』と言葉を添えるだけで随分印が和らぎます。そして『是非またご一緒させてください』などの言葉も添えられたら璧です」(伊藤さん)

苦手なのはタバコであり、その上ではないことを明確に伝えよう。

■円満に喫煙者の上タバコが苦手であることを伝える方法

なるべく気持ちを逆なでせず、円満に喫煙者の上タバコが苦手であることを伝える方法はないのだろうか。

「吸っている当事者には相手の気持ちはわからないものです。タバコが苦手な人の思いも、相手に伝えるしか方法がありません。ですが何事も言い方が大切で、『嫌なんです、やめてください』と言ったら相手は嫌な気持ちになります。『申し訳ありません、私は実はタバコが苦手なんです……』と、丁寧に謝った上でお伝えしましょう」(伊藤さん)

タバコを否定するのではなく、煙が苦手な自分を受け入れてもらえるように努しよう。また、上との関係性が確立されていれば、別のアプローチも考えられる。

「たとえば『課長タバコ吸っているとモテませんよ~』『健康で長生きして欲しいので、タバコは控えましょうよ』などという会話もウイットに富んでおり、ソフトタバコ嫌いをアピールできます」(伊藤さん)

の身体を気遣うアピールの仕方であれば、好感度も高そうだ。

今後もよりよい関係を喫煙者の上と築くために、理に慢して煙を吸い続けるより、ほんの少し勇気を出し、適切な言葉で気持ちを伝えたい。苦手なのはタバコであり、その上ではないことをきちんと理解してもらうことが何よりも大切なのだ。

専門プロフィール伊藤 余子
GCDF―Japanキャリアカウセラー、Fleur de vie 代表。

教えて!goo スタッフOshiete Staff

タバコを吸う上司と吸わない部下、お店では喫煙席?禁煙席?