会社経営するにあたって通常、従業員の離職率は低い方がいいとされているが、IT会社のMapleSystems1月10日「離職率100%」の会社をすと発表した。

同社にはエンジニアの社員が多く、リリースでは「エンジニアは常に新しいスキルめる勉強であるべき」としている。そのためスキルアップを考えるエンジニアを応援すべく、このスローガンを掲げた。

「離職率100%」を掲げたら採用人数が1人から10人に

日本初!? 離職率100%を目指す企業

転職回数は少ないに越したことがない」という考え方について、「そういった運命的な会社に出会うのはとても難しい」と摘。自分が情熱を注げるような仕事にいつか出会うためにも、日々スキルを磨いていくことが大事だという。

その上で、エンジニアには「より多くの高いスキルを身に着けられる業務経験をさせてあげること」が必要であり、エンジニアが「自分のやりたいことをやるために『卒業』していくというのは理想的」としてこの制度を作った。

お試し期間として昨年11月から同スローガンを掲げ採用活動を行ったが、今まで1か1人程度の採用だったのが、2かで10人になったという。同社広報担当者は「『面い』と思って応募してくれた人も少なくありません」と話す。

「入社したエンジニアからは、『将来こういうことがしたいから、2年でこれができるようになりたい』など自分のキャリアオープンに相談できるからいい、キャリアに応じて仕事が与えられるのでやりたいことができる、というもあがっています」

また「離職率100%」を標にするものの、必ずしも転職が前提なわけではない。スキルを身に着け、「それを活かして、弊社で新しいポジションを作って働き続けるというのもスキルアップのひとつだと思います」とっていた。

この他にも、コソコソ転職活動すると後ろめたい気持ちになるため、社内で転職相談をすることができる「オープンキャリア制度」などの制度も導入している。