映像製作や企業のプロモーション事業を提供する、株式会社おくりバントがフリーライブ&就職相談会『おくりバント大新年会!!』を2018年1月14日に代官山Unit&Saloonで開催することが決定した。

ViRATESもこの斬新な新年会に協賛を決定。メディアの促進に努めるべく、ViRATESアプリをインストールしてくれた方限定300名様にViRATES特性バッジを進呈します!!

是非、記事を読んだ方は1月14日に会場へ足を運ぶべし。





そもそも、『おくりバント大新年会!!』とは、新進気鋭の名立たるアーティストを集めて長時間に亘るコンサートと来場者の就職相談会を同時に行うというイベントであり、まさに新年会では前代未聞の異例の試みとなっている。

まるで、音楽フェスに来て自身の将来までも決めてしまうようなものである。

因みに、出演するアーティストは、WUJABINBIN、Skillkills、あっこゴリラ、Ladybeard、田我流とカイザーソゼの5組。またこのイベントは入場料が無料となっている。(ドリンクチャージは別途)

2018年、豪華アーティストと美酒に酔い、ViRATESの面白おかしい記事を読みながら、笑いと感動でスタートするのはどうだろうか。

他にも尖っているIT企業も協賛しており、今後のIT業界の話に花を咲かせて、時代の先端を突き進む大きなきっかけにしてもらいたい。

日 時:2018年1月14日(日曜日) 開演15時、演奏開始:15時半、閉演:21時

場 所:@代官山Unit&Saloon (電話:03-5459-8630)

料 金:入場無料(但し、ドリンク代はこの限りではありません。)

主催者:株式会社おくりバント

【協賛企業】
アキナジスタ株式会社、株式会社バイレーツ、株式会社ロックストック(五十音順)協賛企業様随時募集中!

【VJ】
TONTON(momentgram)

【FOOD】
ウチュウジロウ
大岩食堂

各アーティストプロフィール

WUJABINBIN
2008年のMONG HANG解散後より、ケイタイモが抱き続けた妄想の中から産まれた楽曲群を具現化するために、その音楽を再現するのに必要なスキル、自由な発想、そしてナイスガイさ加減を備えたバンドメイトが集結。

2010年 WUJA BIN BIN 始動。

LIVEはスケジュールが合って参加できるメンバーが稼働。

なので全員来られない日はケイタイモがカラオケで歌うしかない。
WUJA BIN BINの音楽性は、ジャズ、プログレ、ファンク、ブラジル音楽、映画音楽などを内包しつつも、そこに一聴して判るケイタイモ節を織り交ぜることによって、オリジナルな世界を作り出している。





Skillkills
メンバー: [スグルスキル a.k.a.GuruConnect(Composer , Bass),リズムキルス(Drums),マナブスギル(Mic)]

2011年1月に突如として現れ,ライブ毎に各地で見た者に衝撃を与え続ける。

完全にネクストレベルのビートを軸に凄まじき世界観を叩きだす黒い突然変異体。

アヴァン・ヒップホップ・レーベル〈BLACK SMOKER RECORDS〉より2011年12月24日に1stアルバム「skillkills」を、2012年12月26日に2ndアルバム「BLACK MUTANT」をリリース。

そして古巣であるBLACKSMOKERを離れ、自身のレーベル「ILLGENIC RECORDS」を立ち上げ2014年1月22日に3rdアルバム「ILLGENIC」、2015年1月28日に4th Album「Ill Connection」をリリース。

THROAT RECORDSより「Ill Connection」のアナログ盤もリリース。

ニコニコ動画で累計1000万回以上再生の人気アニメ「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」12話エンディング曲を担当。

2017年2月15日に客演に向井秀徳、K-BOMBを迎えた5th Album “The Shape of Dope to Come”を古巣BLACKSMOKER RECORDSよりリリース。

世界でも類を見ない唯一無二のリズムセクションとウワモノのヒリつく掛け合いは各地のあらゆるイベントで衝撃を与え続けている。




あっこゴリラ

レペゼン地球のラッパー、あっこゴリラ。

リズムで会話する動物、ゴリラに魅了され、ドラマー時代に『あっこゴリラ』と名乗りはじめる。

ラップ・トラックメイクを自身が行い、また元々ドラマーという異色な経歴から自由に生み出されるラップスタイルは、唯一無二の形を提示している。

様々なジャンルのイベントに参加するが、彼女がステージに立てばどんな場所でも其処はBack to the Jungleと化す。





Ladybeard

オーストラリア出身の女装パフォーマー。

プロレスラー(DDTプロレス所属)、俳優、声優、スタントマン、ヘビーメタル&J-POPシンガー。

英語、広東語、中国語、ドイツ語、日本語の五か国語を操る国際派アイドル。

幼少期からの武道トレー二ングや演劇大学を経て、香港で6年間スタントマン、映画俳優、声優として活躍。特に声優ではゲゲゲの鬼太郎、ちびまる子ちゃんなど日本の有名アニメの英語吹替えを行っていた。

2013年末に日本に移住し、東京を拠点として世界中で芸能活動中。

一度見たら忘れられない強烈なビジュアルと、エネルギーに溢れるパフォーマンスで『見ると元気が出る』『変だけどカワイイ』と多くの人を魅了し、民間企業のみならず官公庁でも実績を重ねる。





田我流とカイザーソゼ

田我流によるバンド・プロジェクト=『田我流とカイザーソゼ』によるスタジオ・レコーディング・アルバム。『JUST』や『B級映画のように2』を発表してきた田我流が、並のHip Hop Bandとは一線を画す、圧倒的な演奏力と土臭いファンクネスを併せ持つバンドを目指す。

2012年に6人組のバンドstimと田我流が”√20”を共作したのをきっかけに、ライブやセッションを重ね田我流の曲のバンド・アレンジを制作。

2014年にはstillichimiyaのYoung-GをDJに、KIRIHITOの竹久圏をGuitarに加えて『田我流Band』を結成。

2015年からは”Saudade”の今井瑠美子をコーラスに迎え、10人組のバンドとなり『田我流とカイザーソゼ』と命名。

スタジオ・レコーディング・アルバムを制作する。

このアルバムは『田我流とカイザーソゼ』の名前のない名刺となる。

田我流のソロ作品からのバンド・アレンジ曲、新たに書き下ろした新曲”Tasty”や”誰かの夢”など全9曲を収録。

レコーディング・エンジニアに内田直之を迎え、Young-GとドラムのTaichiがミックスに貢献。

密度の濃いアルバムに仕上げることが出来た。

アルバム発表に先駆けてスタジオ石制作のミュージック・ビデオ”アレかも、、”を公開。





田我流,あっこゴリラらが登場!フリーライブ