第1回さいとう・たかを賞の授賞式が、本日1月12日東京銀座三笠会館本店 高千穂にて行われた。

【大きな画像をもっと見る】

一般財団法人いとう・たかを劇画文化財団が創設したさいとう・たかを賞は、シナリオ作画の分業により制作され、成人男女読者する優れた作品を顕するマンガ賞。審員にはさいとうのほか、池上一、やまさき十三小学館の相賀社長作家佐藤優が名を連ねる。栄えある第1回の受賞作品には、リチャード・ウー原作による芳崎せいむアブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~」が選ばれた。同作は多き連続猟奇殺人事件を、若き刑事・鐘巻と伝説の名刑事・油小路のタッグが追うサスペンス作品だ。

壇上には受賞したリチャード・ウーと芳崎、同作を掲載するビッグコミックオリジナルの担当編集・中山美子氏、平井真美副編集長が登壇。さいとう・たかをの手から正賞の「ゴルゴ13像」および賞状、賞50万円が贈呈された。

まずはやまさきが、選考委員を代表して講評を述べる。やまさきは「最終補に残った3作品すべてが甲つけがたい出来だった」としつつ、受賞作を「最新の科学脳科学の知識を十分に吸収したうえで展開される緻密なストーリーと、思い切った俯瞰構図を取り入れるなど、新な作画シナリオ融合し、完成度の高い作品を生み出している。作品・質・素材、そのどれもが新しい時代のマンガを期待させるものだった」と評した。

続いて登壇したさいとうは、「まず言っておかなきゃいけないのは、えーと……名前なんだっけ? なんとかウー。私はね、これが彼のことなんだって知らなかったんですよ」と断りを入れる。“リチャード・ウー”は長崎尚志のペンネームのひとつで、長崎はかつて編集者として「ゴルゴ13」の担当を務めたこともあるという経歴の持ち。さいとうは「読んだ作品の中では、これが一番面くなるんじゃないかと思ったんだけど、後で(リチャード・ウーの正体が長崎だと)聞いてびっくり」と驚きを隠さず、「ましてや小学館の作品だし、どうしてもひいきしたみたいに見えちゃうでしょ。だから後で『違うのにしときゃよかった』とも考えたんだけど、本当にこれが素晴らしい作品だと思っています。おめでとう」と賛辞を贈った。

挨拶に立ったリチャード・ウーは、「さいとう先生は私にとって、青年誌の師匠と呼べる存在。『ゴルゴ13』の担当をさせていただいた頃はまだ新米でしたが、先生は私の年齢やキャリアなど関係なく、同格のパートナーとして遇してくださり、それが非常にうれしかったことを覚えています」と当時を回想。「さいとう・たかを塾の出来の悪い塾生が、卒業書をもらったような気持ちです」と喜びをった。

リチャード・ウーとのタッグを組むのが、別名義も含めると『アブラカダブラ』で4作となる芳崎は、彼の脚本について「映画アマデウス』でたとえると、サリエリにとってのモーツァルトのようなもの。私がやりたいと思っていても形にできないものを、長崎さんが形にしてくださる」と述べ、「私自身、毎回『このお話、好きだな』という思いで描かせていただいています」とコメント。またさいとう映画についてインタビューを読んだことがあると言い、「そこに並んでいる映画タイトルを観て、こういう作品が好きならきっと『アブラカダブラ』も気に入っていただけるだろうと感じていたんです。賞をいただけたことは、その思いが先生に伝わったようでうれしいです」と話した。

担当編集の中山氏は「編集者までもが賞をいただけるというのは、一緒に作品を作る仲間として認めていただけたような気持ちでうれしく思うのと同時に、背筋が伸びる思いです」とり、「面いものを作ろうと摯に作品に向き合うお2人が賞をいただけたことは、素直にうれしい」と笑顔を見せる。また「『アブラカダブラ』3集は3月に発売されますので、そちらもよろしくお願いします」と受賞作のアピールも忘れなかった。

いとうは最後に「私はこの世界に入ったときに、これは1人でやる仕事じゃないって思ったんですよ。ドラマを考える才と、絵を描く才と、それらを構成する才は、まったく別のものですから。マンガ映画制作みたいに集団でやらないといけない。その方が完成度の高いものができる」とめて分業制作の優位と賞設立の理由をり、「これからはこのやり方がこの世界の本流になると思いますよ」とマンガ界の未来を見据え、イベントの幕を閉じた。

なお一般財団法人いとう・たかを劇画文化財団の特設ページでは、選考委員による最終選考会の会議録を開中。受賞者と選考委員のコメントも掲載されている。

フォトセッションの様子。左からビッグコミックオリジナルの平井副編集長、リチャード・ウー、さいとう・たかを、芳崎せいむ、担当編集の中山氏。