お笑いコンビ・360°モンキーズのそうすけ(本名・杉浦双亮/41)が12日、自身のツイッターで今月末をもってコンビを解散することを発表した。今後はピン芸人として活動し、相方の山内崇(42)は芸能界を引退する。

【動画】引退会見から結婚発表へ進展

 この日一部スポーツ新聞のサイトがコンビの解散を報じると、間もなくそうすけは「相方の山内が今月いっぱいで芸能界を引退する事になりました。コンビを組んで21年…長かったようで短かった」と報告。

 今後に向けて「来月からはこのハゲ1人で、サブロクモンキーズの思いを受け継ぎ、ガンガン突っ走って行きたいと思いますこれからもよろしくお願いします!」と気持ちを新たにした。

 2人は1997年にコンビを結成。フジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』の「細かすぎて伝わらないモノマネ」で披露したプロ野球選手のモノマネで人気を集めた。そうすけは2015年11月に四国アイランドリーグplus「愛媛マンダリンパイレーツ」のトライアウトに合格し、プロ野球選手と芸人の“二刀流”で活躍。1シーズンで引退した。
今月末で解散する360°モンキーズ(左から)山内崇、そうすけ(杉浦双亮) (C)ORICON NewS inc.