【ワシントン時事】米通商代表部(USTR)は12日、模倣品や海賊版が流通する「悪名高い市場」の2017年版リストを公表した。中国やメキシコなど12カ国の市場18カ所と、音楽データを販売する「MP3VA.COM」など25のインターネット取引サイトを指定し、是正を求めた。

 USTRは、ロシア、ウクライナが拠点のMP3VA.COMについて「この1年間に日本で人気が上昇した」と指摘。ライトハイザーUSTR代表は声明で「違法取引を助長する市場は、米国の経済、技術革新、勤労者に深刻な危害を加えている」と批判し、模倣品・海賊版対策を強化する考えを示した。

 「悪名高い市場」は11年以降、オバマ前政権が知的財産権保護に向けた戦略の一環として毎年指定。今回、トランプ政権では初のリスト公表となった。