【カイロ時事】イランのザリフ外相は12日、ツイッターで「トランプ(米大統領)の政策と本日の発表は、盤石な多国間合意を台無しにしようとする絶望的な試みだ。核合意に再交渉の余地はない」と非難した。

 ザリフ氏は「うんざりする言葉ではなく、米国はイランのように(合意を)完全に履行しなければならない」とけん制した。イランは米国が核合意を一方的に破棄すれば、合意で制限された核開発活動の再開も辞さない立場を示している。