1900年以来、1シーズン31人の殿堂選手がプレー

 今年の米野殿投票発表が1月24日日本時間25日)に迫り、アメリカの各メディアでは殿堂入りするか予想合戦が繰り広げられている。そんな中、MLB公式サイト人気コーナー「Cut4」では、メジャー30球団から現在所属する現役選手で将来の殿堂入りが予想される選手を1人ずつ選出。その“番外編”として、現在フリーエージェント(FA)として所属先を探すイチロー外野手の名前も挙がった。

 MLB.comマイク・ペトリエロ記者によれば、1900年以来、メジャーでは1シーズンあたり31人の“未来殿堂選手”がプレーしているという。そこで記事では、30球団から1人ずつ均等に殿堂選手が出ると仮定して、各球団所属選手の中から未来殿堂選手をピックアップしている。

 タイガースからは2012年3冠王となったミゲル・カブレラ内野手エンゼルスからはMVPを3度獲得し、現在通算614本塁打を誇るアルバート・プホルス内野手アストロズからは2011年サイヤング賞とMVPのW受賞経験を持つジャスティン・バーランダー投手など、実績のあるベテラン選手が選出された。ドジャースからはエース左腕クレイトンカーショー投手ロイヤルズからはでもあるサルドールペレス捕手インディアンスからは2度サイヤング賞にいたコーリー・クルーバー投手ら“中堅”の名前が挙がる一方、ホワイトソックスからはヨアン・モンカダ内野手ブルワーズからはルイスブリンソン外野手など若手有望の名前も並んだ。

 同時に“番外編”として登場したのが、現在FAイチローだ。記事では「残念なことに、殿堂入りが確実視される2選手、チェース・アトリーイチロー現在FAのためリスト入りしていない」という注釈をつけたほど。今季の所属先は決まっていないが、殿堂入りは“当確”とされたレジェンド。1日もく所属チームが決まり、今季もファンを楽しませてくれることを期待したい。(Full-Count編集部)

去就が注目されるイチロー【写真:Getty Images】