トヨタ自動車のスポーツカーブランド TOYOTA GAZOO Racingは1月12日、幕張メッセで開催されたカスタムカーの展示会「東京オートサロン2018」で、コンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」を発表しました。

【写真18枚:“ほぼ”レーシングカーな驚きの仕様】

 GRスーパースポーツコンセプトは、世界耐久選手権(WEC)に参戦するハイブリッドレーシングカー「TS050 HYBRID」とほぼ同じパーツで構成された、高性能市販車のコンセプトモデルです。これまで「シルエット」のみを先行公開していましたが、東京オートサロンの開幕とともにその詳細が明らかになりました。

 パワーユニットには、2.4リッターのV型6気筒ツインターボエンジンと電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「トヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)」を採用。最大出力はなんと1000馬力(735kW)。高効率のEVシステムと、希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを目指すとしています。

 これまでのトヨタの高性能スポーツカーと大きく違うのは、市販車をレベルアップしていく方法ではなく、モータースポーツ活動で得た先端のノウハウを市販車へ、端的にはレースカーを市販車にしたことです。これが、もっと楽しみ、親しむ、クルマの新たな在り方を示す取り組みだとGAZOO Racing Company プレジデントの友山茂樹氏は述べます。

 そして、「実際に皆さまがステアリングを握れるようになるまでには、まだ時間がかかります。しかし、トヨタが目指す次世代のスポーツカーの在り方を、このGRスーパースポーツコンセプトで感じていただきたいと思います」とし、コンセプトカーといえど本当に市販化を目指していることを強調しました。

 一体いくらになるかは想像もできませんが……実現したらすごいことになりそうです。

東京オートサロンで発表されたGRスーパースポーツコンセプト