せっかく東京オートサロンに行ったなら、無駄なく、効率よく見て回りたいものですよね。各社のブースの見どころを、超手短に紹介するレポート、今回はGAZOO RACING編です。

詳細画像はこちら

東館ホール7・8の最も左奥にあるのが、TOYOTA GAZOO RACINGのブースです。このブースでまず目を引くのが真っ白なコンセプトカー「GRスーパースポーツコンセプト」です。

詳細画像はこちら

車両全体が流れるような斬新なフォルムは、遠くから見てもオーラがすさまじく、美しいとすら表現できます。

詳細画像はこちら  詳細画像はこちら

FIA世界耐久選手権で鍛えられたハイブリッド技術を生かしたというこのコンセプトカー、真後ろにはテストカーも展示されていました。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

V6ツインターボチャージャーとトヨタハイブリッドシステム・レーシング(THS-R)は、ベースとしたWECマシンのTS050 HYBRIDのものとほぼ同じですが、高効率EVシステムと、希薄燃焼エンジンを組み合わせ、パワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーを提案したとのことです。

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

壇上にはWECマシンのTS050 HYBRID、さらにはヤリスWRCも展示されており、トヨタ渾身のスポーツブランド、GAZOO RACINGのやる気を感じさせてくれる、インパクトのあるブースでした。

(文/写真:吉川賢一)

詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら 詳細画像はこちら

【東京オートサロン2018】このオーラを見逃すな!3分で分かるTAS・メーカー編:GAZOO RACING(http://clicccar.com/2018/01/13/548673/)