男女問わず、一人暮らしの経験がある人とそうでない人では、良い悪いは別として生活に関しての価値観に違いが出て来る事が多々あります。あなたが、何年も家族から独立して生活しているのであれば、実家暮しの男子とそのまま結婚するのは少し注意が必要かも知れませんね……。

そこで今回は「一人暮らしの経験がない男子との結婚は要注意な理由」をご紹介致します。

1:生活費にうとい

ずっと実家に住んでいると、家賃はもちろん光熱費や食費を負担する必要が無い為、生活費にどれくらいのお金が必要なのか考えた事も無いという男子が大半です。

結婚してから、彼との価値観の違いにギャップを感じる可能性が高いかも知れませんね。

テレビを付けっぱなしで寝てしまったり、シャワーを出しっぱなしでお風呂に入ったりなどの生活習慣が、あなたの許容範囲かどうかは必ず確認しておきましょう。

2:家事をやった事がない

実家には母親という強い味方がいますので、自分で食事を作ったり、洗濯や掃除をやった事がなかったりと、家事の経験が全くない可能性があります。

家事は母親がやる事と思っていると、結婚してから家事は嫁がやる事に変換される危険度が高いです。

また、経験がないと手伝ってもらう事も出来ませんので今のうちから、叩き込んでおいた方が良いでしょう。

3:給料は全額自分のもの

毎月一定額のお金を家に入れているのであれば良いのですが、そうで無いとなると、自分の稼いだ給料を好きなように使える状況で生活している為、結婚してから自由になるお金が制限される事に耐えられなく可能性があります。

今、食事代やデート代を彼が支払ってくれるからといって安心していると、痛い目に合うかもしれませんよ。

彼の金銭感覚は普段からチェックが必要です。

いかがですか?

もちろん、実家で生活していても自分の事は自分でやる男子も多いですし、逆に一人暮らしをしていても、生活費は全て親に出して貰っている男子もいるかもしれません。

いずれにせよ、独立して自分の力で生活しているかどうかが重要ですね!(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)

Young couple having a quarrel