【元記事をASCII.jpで読む】

 ブログやSNSにiPhoneのスクリーンショットを投稿する際、複数の画面をつなげたり、バッテリー残量を隠したいことがあるだろう。画像編集アプリでちまちま作成するのもいいのだが、スクリーンショット専用の画像編集アプリを活用すると手間が省ける。今回は、そんな編集アプリ「LongScreen」の使い方を紹介しよう。

複数枚のスクリーンショットを1枚の画像に結合する

 複数のスクリーンショットを投稿する際、個別の画像としてアップロードすると見にくくなってしまうことがある。そんな時、一連の作業手順などは、並べて1枚の画像にするとすっきりできる。画像の結合は、画像編集アプリで行なうこともできるが、手間がかかることが多い。そんな時「LongScreen」なら、画像を選んでワンタップするだけで結合できるので便利だ。

 まずはシンプルに横に並べてみよう。アプリを起動したらスクリーンショットの一覧が表示されるので、並べたい画像をタップする。その後、右上の「Merge」をタップすれば結合した画像が表示されるので、共有したり保存できる。超手軽ながら、完璧にくっつけてくれるので、便利この上ない。


LongScreen


作者:Shing Cheong Cheung
価格:360円


※アイコンの横の文字をクリックで、ダウンロードサイトにアクセスします。

 横方向だけでなく、縦方向の結合も可能だ。通常、縦につなげるのは設定画面やウェブサイトなど、スクロールするような連続画面キャプチャが多いだろう。そこで、本アプリでは、縦方向につなげる際、自動的に重複部分を検出し、重ね合わせる位置を調整してくれるのだ。

 試しにウェブページを8画面連続してキャプチャしたスクリーンショットを縦に並べたところ、完璧にくっつけてくれた。もちろん、連続していないスクリーンショットを縦に並べる場合は、ステータスバーを表示したまま結合してくれる。

ステータスバーをクリーンナップできる

 スクリーンショットを掲載しても、バッテリー残量が少なかったりすると「充電しろ」のように、本題と関係ない突っ込みが入ることがある。契約している通信キャリアといった余計な情報も隠したいところ。画像編集ソフトでステータスバーをカットすることもできるが、本アプリのクリーンナップ機能を使うとスマートにマスキングできる。

 画像を結合したら、画面下の編集アイコンをタップ。「Clean up status bar」をオンにすると、結合した画像のステータスバーが、電波とWi-Fi、バッテリーのアイコンと時計のみとシンプルになるのだ。これで、自然な見た目のまま、画像に集中してもらうことができる。

 画像サイズが異なるスクリーンショットを並べる場合、設定画面の中央のボタンで上揃え/中央揃え/下揃えを選んで整列させられる。スクリーンショットにiPhoneのフレームを入れたいときは、「Black」もしくは「Silver」をオンにすればいい。iPhoneで使っているイメージを見せたいときに活用できる。

 上の「Padding」では、画像と画像の隙間を調整できる。初期設定では隙間なしになっているが、+ボタンをタップして隙間を広げられるのだ。隙間がないとわかりにくい場合に利用しよう。

自動削除や保存形式などの設定も用意されている

 検索アイコンをタップすれば、端末の画像サイズで絞り込むことができる。「Landscape」をオンにすれば、横画面のスクリーンキャプチャのみを表示することも可能。

 設定画面では、2つの設定項目が用意されている。「Delete Afte Sharing」をオンにすると、結合した画像を共有したり保存した後に、元の画像を削除できる。確認ダイアログは開くので、どうしても元画像を保存しておきたい時は残しておける。「Export Format」では、画像の保存形式を選択できる。初期設定では元と同じPNG形式だが、JPG形式も用意されているのだ。

 以上が「LongScreen」の説明書となる。価格は360円と有料のアプリだが、スクリーンショットをアップロードするのであればその価値は十分にある。スクリーンショットに特化しているので、使いやすく、ストレスなく常用できる。複数のスクリーンショットを並べたいなら、この神アプリを活用することをオススメする。

iPhoneのスクリーンショットを自由自在につなぎ合わせる「LongScreen」を徹底紹介