東京電力福島第1原発事故に伴い避難指示が続く福島県浪江町津島地区に200年以上前から伝わる郷土芸能「津島の田植踊」を後世に残すため、住民たちが14日に一日限りで踊りを復活させ、映像をカメラに収める。住民たちは「復活の日が来ると信じたい」と、未来の住民への贈り物にするため、避難先で稽古に励む。

「津島の田植踊」の練習に励む津島地区の住民たち=福島県二本松市北トロミの浪江町役場二本松事務所で7日、尾崎修二撮影