菓子大手・不二東京都文京区)の商品名が「攻めすぎ」「2度見した」などとネット上で話題になっている。

「相対性理論」と関係?

その商品とは、2015年8月に発売されたシフォンケーキ(税込320円)。カスタード入りのシフォン生地に生クリームをたっぷりのせ、同社の定番商品となっている。

だが、見たは非常にシンプルネット世界で話題になるとはにわかに信じられないが、注を集めているのは商品名―「シフォン義。」―である。

シフォン」と「資本」をかけたとみられるネーミングだが、これがSNSでじわじわと評判に。18年1月11日にはツイッターまとめサイトtogetter」で

不二が販売しているケーキネーミングセンスがなかなか素敵→バンド相対性理論ファンも反応」

といったまとめが作成された。

ネーミングの妙とともに、音楽バンド相対性理論」が2008年に同名アルバムを発売していたこともあり、2つの要素で話題に火がついたようだ。

それでは、不二はどんな意味を込めてこの商品名を付けたのか。なにやら深い理由がありそうだ。

広報に聞くと...

同社の広報担当者は1月12日J-CASTレンドの取材に対し、

「一言で言ってしまうと『ダジャレ』です」

と笑って答えた。深い理由は一切ないという。

発売当時、印に残るネーミングを考案しよう、という試みが社内にあり、その一環で誕生したのが「シフォン義。」だ。「」(シュークリーム)もその一つ。

相対性理論」のアルバム名と被っており、ファンらから「不二の人にファンがいたのかも」「相対性理論コラボしてるのか...?w」といった疑問があがっている件については、

「たまたま被ってしまいました」

と申し訳なさそうに話した。<J-CASTトレンド>

不二家の公式サイトより