雨上がり決死隊の宮迫博之が13日、丸の内TOEIで行われ『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』初日舞台あいさつに森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、永井豪(原作)、志水淳児監督、水木一郎と登壇。あしゅら男爵(男)役としてゲスト声優に参加した宮迫は、初めて憧れた職業がアニソン歌手だった事を振り返り、水木との横並びに「心臓がバクバクします」と感激しきりだった。

 本作は絶大な人気を誇る永井作の「マジンガーZ」の新たな劇場アニメ。宿敵Dr.ヘルを倒して科学者となった兜甲児が、マジンガーZらと共に新たな脅威に立ち向かう。今回の劇場版のためにテーマ曲「マジンガーZ」が45年ぶりに新録された。

 テレビシリーズで渡辺宙明が手掛けた同曲を、今回は息子の渡辺俊幸がアレンジしており、ステージで生歌も披露した水木は 「(ファンに)どういう風に納得してもらえるのかが一番怖かったです。前のものを捨ててはいけないし、新しいものも取り入れないといけない。なので、新曲をもらったような真っ白な気持ちでレコーディングしました。映画を観るまでは心配でしたけど、喜んでくれているみたいでしたので、嬉しく思っています」と笑顔。

 そんな水木の隣で宮迫は最初に憧れた職業がアニソン歌手だった事を振り返り、「それこそアニキ(水木)にすごく憧れていて、今横並びに立っている事で心臓がバクバクします。子どもの頃は貧乏だったので超合金のロボットは買ってもらえなかったけど、友達のロケットパンチを失くしてしまって問題になったり、いろいろとフラッシュバックして感慨深くて泣きそうです」と恐縮しきり。

 すると、水木は以前宮迫と番組で共演したエピソードを紹介し、「宮迫さんは大スターなのに、僕のところに来て真面目な目で『水木さんん、僕まだ夢がかなっていないんです』と言うんです。『こんな大スターなのに?』と話したら、『僕の夢はアニソンを歌う事なんです』と真面目な顔で言うので、彼は本気なんだと思いました」と回顧。

 そのまま水木は永井に「先生、(宮迫に)新しい番組がありあましたら」とステージ上で主題歌の交渉を始め、宮迫は「こんな場所で何の交渉しているんですか」と笑顔で突っ込んでいた。(取材・文:中村好伸)

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は公開中

水木一郎アニキ(左)との同じ舞台に立つ幸せをかみしめる宮迫博之