アルクテラス運営する勉強ノートまとめアプリClearクリア)」ユーザーを対インターネット調2017年12月23日2018年1月6日に実施、中高生ら714人から有効回答を得ました。回答者のうち中学生52高校生は47男性20女性80です。

大学進学の情報収集は、半数が高校入学前から
SNSや口コミも使うが、最大の情報大学公式サイトパンレット

大学進学に関する情報は「積極的に集めている」が188人(26.3%)、「一応集めている」が277人(38.8%)と半数以上。「積極的に」「一応」集めている人のうち、高校1年から集め始めた人が172人(35.9%)で学年別では最多ですが、中学生から集めた人は計131人(42.2%)、中学入学以前からという人も23人(4.8%)で、半数が高校入学前に大学情報を集め始めています(グラフ1、回答者479人)。


情報を集める方法を複数回答で聞いたところ、「大学ホームページ」が356人(49.9%)、「大学パンレット」が300人(42%)、「オープンキャンパス」が234人(32.8%)で、大学公式情報を参考にしていることがうかがえます。一方で、「進学情報サイト260人(36.4%)、「SNS」が215人(30.1%)、「中学校高校でのアドバイス」が200人(28%)、「先輩や友人や身内の口コミ」が163人(22.8%)で、第三者の意見も参考にしています(グラフ2)

もっとも参考にしている情報(グラフ3)は、大学ホームページ(19.7%)、大学パンレット(16.7%)、オープンキャンパス(13.9%)が上位を占めました。SNS(8.3%)や口コミ(5.7%)、中学校高校でのアドバイス(5%)は、情報収集手段としては使っているものの、参考にする度合いは低いことがうかがえます。しかし、自由回答では「オープンキャンパスはいいところしか言わないから、その大学の悪いところも知りたい」(高校2年・女子)、「大学の特色について、大学が開いているサイトでは主観的すぎて参考にしにくい」(高校3年・男子)など、大学公式情報以外をめるが複数見られました。

SNSTwitter検索大学公式をフォロー
受験生大学生のフォローをする中高生も

大学進学情報を調べる際に使うSNSの種類は、Twitter311人で43.6%人気です(複数回答)。Instagramは6%LINEQは7.6%facebookは2.8%でした。SNSでの調べ方を複数回答で聞いたところ(グラフ4、回答者594人)は「大学名で検索をする」が439人(73.9%)で最多ですが、「大学アカウントをフォローする」(20.5%)「受験生アカウントをフォローする」(12.3%)「大学生アカウントをフォローする」(10.8%)といった使い方も一定数います。
なお、使っているSNSではgoogle+が47.6%Twitterをしのぐ結果が出ましたが、SNSではなくgoogle検索と混同して回答したケースが多いかもしれません。そのため、調べ方でトップの「大学名で検索をする」には、SNSでの検索ではなく、googleなどの検索が含まれている可性があります。

進学先を選ぶ基準を優先度の高いものから3つ選んでもらったところ(グラフ5)、「学びたい学問領域」が437人(61.2%)、「立か立か」が333人(46.6%)、「学力入試」が262人(36.7%)。
「学費」は205人(28.7%)、「奨学制度」は82人(11.5%)と、経済的なことを考える人もみられ、自由回答では「奨学制度について知りたいが、わかりやすいパンレットがない」(高校1年・男子)、「受験費用や交通費のことも心配」(高校2年・女子)など、奨学受験費用の情報める立ちました。

■悩みは2020年度の大学入試革の情報がないこと
■新しい入試制度に詳しい新聞・雑誌、塾を情報にしていないから?

自由回答では、高校1年生中学3年生を中心に、2020年度から大学入試制度が変わることへの悩みが多くあがっています。「大学入試制度の変革に伴い、大学教育の方針も変えられていくのか」(高校2年・男子)、「入試が変わるので、浪人ができない。変わった後の入試制度もしっかりとめに理解しておきたい(高校1年・女子)、「私の学年からセンター試験くなるので、新しい試験はどのような問題が出るのか、記述の問題はどのくらい出るのか、など、新しい試験について詳しく知りたいです」(中学3年・女子)などです。

新しい入試制度についての情報は、大学パンレットホームページなどよりは、おそらく進学情報サイト、新聞や雑誌、塾などのほうが詳しく発信しています。しかし、情報収集の手段(グラフ2)を見ると、新聞や雑誌は64人(9%)、塾は137人(19.2%)と少ないため、中高生が情報をキャッチしきれていないと推測できます。

なお、進学を希望する学部や学科も質問しました(3つを選択)。外国語教育学・教員養成、心理学が多い傾向にありますが、回答者の8割が女子ということが理由かもしれません。

【回答者属性
レスリリースはこちらからダウンロードできます。
https://prtimes.jp/a/?f=d21716-20180112-4172.pdf

配信元企業株式会社朝日学生新聞社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ