13日、中山競馬場で行われた菜の花賞(3歳・牝・500万・芝1600m)は、4番手でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の1番人気オハナ(牝3、美浦・堀宣行厩舎)が、直線で脚を伸ばして、逃げ粘る7番人気ダンツクレイオー(牝3、栗東・本田優厩舎)を捕らえ、これに1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分36秒0(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に2番人気ラソワドール(牝3、美浦・戸田博文厩舎)が入った。なお、3番人気レッドシャーロット(牝3、栗東・庄野靖志厩舎)は10着に終わった。

 勝ったオハナは、父ディープインパクト、母ハウオリ、その父キングカメハメハという血統。昨年10月15日の新馬戦に続くデビュー2連勝となった。

【勝ち馬プロフィール】
◆オハナ(牝3)
騎手:石橋脩
厩舎:美浦・堀宣行
父:ディープインパクト
母:ハウオリ
母父:キングカメハメハ
馬主:金子真人ホールディングス
生産者:社台ファーム
通算成績:2戦2勝

石橋脩騎手騎乗の1番人気オハナが優勝(撮影:下野雄規)