球団史上初のV3へ戦の三塁争いを制するのは誰だ

 球団史上初の3連覇を狙う広島2018年シーズンへ向けて戦は充実しており、らしいは見当たらない。チーム内での競争はさらに熾を極めそうで、とりわけ最戦区とみられるのが三塁のポジションだ。

 昨季は安部85試合、西川が38試合、小が14試合、ペーニャが6試合で守った。安部は自身初めて規定打席に到達し、チームトップ打率.310マーク。俊足に加え、勝負強さも十分。本来なら文句なしのレギュラー補筆頭なのだが、他にも強な選手がそろう。

 3年を迎える西川が最大のライバル。昨季は95試合の出場で打率.275、5本塁打、27打点。オフアジアプロ野球チャンピオンシップ日本代表にも選出され、打率6割と打ちまくった。“天才”と呼ばれる打撃センスチームでも折り。守備に若干の難を抱えるが、首からの期待は非常に高く、ベンチに置いておくのはもったいない存在だろう。

ウルトラCはあの大物ルーキー!?

 昨季途中に支配下登録されたドミニカ共和出身のメヒアも楽しみな素材。1軍では14打数3安打にとどまったが、ファームではリーグトップ打率.331と打ちまくった。18本塁打パワーも十分。守備も含めて粗削りではあるが、1軍のレベルに慣れれば大爆発するだけのポテンシャルは秘めている。

 ベテランは昨季は結果を残せなかったが実績は十分。昨季は外野手としてプレーした堂もきっかけさえつかめば、一皮むける可性はある。

 ウルトラCはドラフト1位ルーキー中村奨成だ。いうまでもなく本職は捕手。しかし、石原や会沢が健在で、一つ年上には将来性抜群の坂倉もいる。獲得する前の段階では中村の打を生かすため、三塁コンバープランが浮上したこともあったという。今季中にはなくとも、将来的に可性は十分にあるだろう。

 大戦のホットコーナーに定着するのは確実性を増した安部か、それとも“天才西川か、“ドミニカンパワー”メヒアか、それとも……。2月1日キャンプから、チーム内での戦いが始まる。(Full-Count編集部)

広島・安部友裕(左)と西川龍馬【写真:荒川祐史】