【ニューデリー時事】インドの共和制移行を記念し、26日にニューデリーで開かれる式典に、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の首脳が初めて主賓として参加する。インドはこれまで、式典に安倍晋三首相やオバマ前米大統領らを招き、親密さをアピールしてきた。今回は10首脳を招待することで、周辺地域への進出を強める中国をけん制したい考えだ。

 インドは例年、1950年に憲法が公布された26日を共和国記念日として祝い、陸軍のパレードなどを盛大に実施する。主賓としての招待は、外国首脳への敬意の表れだ。2014年には安倍首相、15年にはオバマ前大統領が出席。ただ、10人もの首脳が招かれるのは異例だ。 

〔写真説明〕印ASEANサミットに出席したインドのモディ首相(中央)ら=2017年11月、マニラ(AFP=時事)

印ASEANサミットに出席したインドのモディ首相(中央)ら=2017年11月、マニラ(AFP=時事)