古巣であるフェイエノールトがトルコのフェネルバフチェに所属するオランダ代表FWロビン・ファン・ペルシー獲得を目指しているようだ。12日、地元オランダ紙『AD』が報じた。

 同紙によるとフェイエノールトは今冬の移籍市場での獲得を目指しているようだ。ファン・ペルシーは13日にもオランダ入りしてフェイエノールトのメディカルチェックを受ける見通しとのこと。ファン・ペルシーは今シーズンケガで出場機会を伸ばせていない。公式戦4試合出場にとどまっている同選手の獲得が成立すれば実に14年ぶりの復帰となる。

 同選手はフェイエノールトのユースチームで育ち、2002年にトップチームデビュー。04年にアーセナルへ移籍し07年にはアシスト王に輝いた。12年からはマンチェスター・Uに移籍。11-12、12-13シーズンと2年連続、異なるクラブでプレミアリーグ得点王となり、15年からはトルコに舞台を移してフェネルバフチェでプレーしていた。

古巣復帰が噂されるファン・ペルシー [写真]=Getty Images