13日、中京競馬場で行われた愛知杯(4歳上・牝・GIII・芝2000m)は、先団の後ろでレースを進めた四位洋文騎手騎乗の6番人気エテルナミノル(牝5、栗東・本田優厩舎)が、直線で先頭に立ってゴールまで押し切り、外から追い上げてきた11番人気レイホーロマンス(牝5、栗東・橋田満厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒1(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に1番人気マキシマムドパリ(牝6、栗東・松元茂樹厩舎)が入った。なお、3番人気リカビトス(牝4、美浦・奥村武厩舎)は4着、2番人気タニノアーバンシー(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)は17着に終わった。

 また、13番人気コパノマリーン(牝5、美浦・斎藤誠厩舎)は直線で競走を中止した。

 勝ったエテルナミノルは、父エンパイアメーカー、母ダイワジェラート、その父フジキセキという血統。明け5歳の初戦で待望の重賞初制覇を果たした。

【勝ち馬プロフィール】
◆エテルナミノル(牝5)
騎手:四位洋文
厩舎:栗東・本田優
父:エンパイアメーカー
母:ダイワジェラート
母父:フジキセキ
馬主:吉岡實
生産者:フジワラファーム
通算成績:19戦6勝(重賞1勝)

四位洋文騎手騎乗のエテルナミノルが勝利