スピース、自己最長の28メートルロングパット炸裂にメディアも賛辞

 男子ゴルフソニーオープンインハワイ第2日は12日(日本時間13日)、世界ランク2位ジョーダン・スピース(米国)が自己最長90.8フィート(約28メートル)のロングパットを炸裂。自身最長となるミラクルパット間をPGAツアー公式ツイッターが「91フィート! またまたご冗談を」と動画付きで開し、話題を呼んでいたが、メディアもこぞって特集。「彼のショット後の姿を見ればわかるように、この男は入らないだろうと想定してパットを決して打たない」と称賛している。

 仰の“28メートルパット”で熱狂を呼んだのは、5番パー4だった。

 2打グリーンオンしたが、大きなグリーン上でピンまで約28メートルバーディーを狙うより、3パットを避けたい場面だが、スピースは信じられないパットを演じた。慎重にパターを構えると、しっかりと振り切り、勢い良くボールを転がした。10メートル20メートル……。スライス気味に一度上ってから再び下る。するとラインに乗り、カップに一直線となった。

 まさか――。十分な強さでカップに到達したボールは縁に当たって1回弾んだ。しかし、そのままに弾かれることなくカップイン。固唾をのんで見守っていたギャラリーも一気に采に沸いた。熱狂と化す中、得意げに笑みを浮かべたスピースはキャディーの胸を叩き、喜びを表現していた。

今季NO1のロングパットに称賛「彼は決して入らないと想定して打たない男だ」

 決定的間をPGAツアー公式ツイッターは「91フィート! またまたご冗談をジョーダン・スピース」と題し、動画付きで紹介。映像を見ると、カップの手前から捉えたスピースは小さく映るばかりで顔すら認識できない距離だが、どんどん近づいてきたボールカップインしている。

 仰シーンの当たりにしたファンから「一般人なら200回のチャンスが必要な場面だ」「スピースがスピースたらしめることをやってのけている」などと感嘆のが上がっていたが、メディアもこぞって取り上げている。

 ゴルフ専門誌「ゴルフワールド」は「ジョーダン・スピースはこの5年間で数多くのハイライト映像に残るようなロングパットを決めてきた。しかし、ソニーオープンで決めたものほど長距離パットはなかった」と紹介し、「彼のショット後の姿を見ればわかるように、入らないだろうと想定してパットを打つようなことは決してしない男だ」と称賛している。

 スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「ジョーダン・スピースの一撃は、今季決まったツアー内のパットの中で15メートル更新する最長記録となった。昨季の中と較しても3番に長いものに該当する」と今季NO1パットとなったことを紹介している。

 この日は4バーディー、2ボギーでスコアを2つ伸ばして通算3アンダーとしたスピース。48タイにとどまっているが、圧巻の28メートルパットは順位に関係なく、称賛の的になっている。(THE ANSWER編集部)

ジョーダン・スピース【写真:Getty Images】